ショボスライを逃したニューカッスルが、リバプールも狙うフランスU-21代表MFケフレン・テュラムに照準か!?

スポンサーリンク
After missing out on Szoboszlai, Newcastle has set its sights on Khéphren Thuram targeted by Liverpool 移籍

昨季の不調の原因とも言われたミッドフィルダー陣の大幅な入れ替えを狙うリバプールは、アレクシス・マック・アリスター獲得に成功すると、RBライプツィヒとハンガリー代表MFドミニク・ショボスライを巡りクラブ間合意にも達し、補強第2号となった。

元RBザルツブルクMFには、ニューカッスルも関心を寄せていたものの、アンフィールド移籍が決定。ハンガリーの逸材を逃す格好となった同クラブは、リバプールも獲得を狙うフランスU-21代表MFケフレン・テュラムにターゲットを切り替える可能性が浮上している。

「マグパイズはショボスライのポジションを見守り続けるだろうが、チーム強化のためには他を探さなければならないとの見方が強まっている。」

「ニースのケフレン・テュラムは長い間、代替オプションと見なされてきたが、リーグ・アンのクラブは6000万ポンド(約84億円)以上の数字を提示しており、22歳のフランス代表MFが割安のプランBとは言い難い。」

Northern Echo

イタリア代表MFサンドロ・トナーリ獲得を決めているだけに、ケフレン・テュラムがプレースタイルやポジション的にも必要な選手かと問われると微妙なところ。さらには、移籍金が高騰しており、ショボスライとほぼ同額を求められるため、獲得に動き出す可能性は低そうだ。

一方で、リバプールはフィジカル的に強い守備的ミッドフィルダーを探しており、補強第3号としてフランスU-21代表MFをアンフィールドに迎え入れるかもしれない。ただし、もしも6000万ポンドから値下がりしないのであれば、予算を超えること間違いなく、ターゲットを変更する確率もゼロとは言い切れない。

はたして、ニースで主力を張る長身ミッドフィルダーは、この夏にプレミアリーグにステップアップするのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました