リバプールは、アドオンや選手譲渡でサウサンプトンMFロメオ・ラビア “要求額” 引き下げを狙う!?

スポンサーリンク
Liverpool in serious pursuit of Southampton midfielder Roméo Lavia, with Arsenal, Chelsea, Man United also monitoring 移籍

アレクシス・マック・アリスターとドミニク・ソボスライを獲得し、ナビ・ケイタやアレックス・オックスレイド=チェンバレンからのアップグレードに成功し、ジョーダン・ヘンダーソンらの後継者も担える人材を手に入れた。

残るは守備的ミッドフィルダーのみと思われたいが、リバプールはあまり前のめりではない。とはいえ、獲得に動き出す可能性を残しており、メインターゲットとして報じられているのが、サウサンプトンに所属するベルギー代表MFロメオ・ラビアだ。

昨季にプレミアリーグから降格したクラブだが、2027年まで契約を結び、19歳と若いミッドフィルダーを簡単に手放す意思はない。獲得には5,000万ポンド(約70億円)が必要となる見通しだが、リバプールは追加条項や選手譲渡で要求額の引き下げを狙っていると、ファブリツィオ・ロマーノ氏(イタリア人ジャーナリスト)が伝えた。

「ロメオ・ラビアの価格は5,000万ポンド(約70億円)前後だ。」

「しかし、情報筋は、いくつかのアドオンや、何人かの選手を加えるなどの工夫をすれば、サウサンプトンと合意に達する道が開けるかもしれないと考えているようだ。」

GiveMeSport

アーセナルやチェルシーも関心を示しており、獲得は容易ではない。競争クラブが増えれば増えるほど、要求額の交渉も難しくなるため、タイミングが非常に難しい。

はたして、リバプールはさらなる補強に動き、ベルギー代表MFをチームに迎え入れることになるのだろか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました