シャビ・アロンソ監督率いるバイエル・レバークーゼンが、リバプールDFルーク・チェンバースのレンタルに関心!?

スポンサーリンク
Bayer Leverkusen, led by Xabi Alonso, interested in loaning Liverpool defender Luke Chambers 移籍

プレストンに生まれ、6歳の頃からアカデミーで成長を続けてきた19歳DFルーク・チェンバース。左サイドバックを主戦場にする若きディフェンダーは、昨シーズン後半をキルマーノック(スコットランド)で過ごし、スコティッシュ・プレミアシップで14試合に出場を果たした。

安定したパフォーマンスを見せた同選手だが、リバプールのトップチームでの出番はまだ難しい。アンディ・ロバートソンやコスタス・ツィミカスが健在で、プレシーズンで大活躍したとしてもベンチ入りも困難な状況だ。

海外メディア『The Athletic』によれば、若きサイドバックの成長を止めたくないリバプールは、ローン移籍を容認する構え。シェフィールド・ウェンズデイやワトフォードらチャンピオンシップ組に加えて、シャビ・アロンソ監督が率いるバイエル・レバークーゼンも関心を示しているようだ。

アーセナルからスイス代表MFグラニト・ジャカ獲得に成功したレバークーゼンは、ドイツ代表の逸材、フロリアン・ヴィルツやチェコ代表FWパトリック・シックを擁する。ただし、この夏にはベンフィカとの契約が切れた27歳DFアレハンドロ・グリマルドを獲得しており、左サイドバック補強の緊急度は高くない。

イングランドの若手がドイツに渡って覚醒することが最近の流れではあるものの、現時点では国内でのローン移籍が現実路線。ただし、トップチームでの経験を積ませるためにも武者修行に励む可能性は高く、レギュラーとしてプレーできるクラブを見定める作業が必要になる。

はたして、イングランドU-19代表ディフェンダーは、どのクラブに移籍するのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました