マンCよりもリバプールがフィットしたはず…?元イングランド代表GKが、マテオ・コバチッチの移籍に持論を展開

スポンサーリンク
Liverpool would have been a better fit than Man C...? Former England goalkeeper has an opinion on Mateo Kovacic's move 移籍

昨シーズンにオーナーが変わり、急激な補強を実施したチェルシー。この夏はまず人員整理を進めており、30歳前後の選手たちがフリートランスファー含めて、チーム退団を決めている。加えて、生え抜きのイングランド代表MFメイソン・マウントもマンチェスター・ユナイテッドに移籍してしまった。

若手選手を中心に再建を図るチェルシーだが、クロアチア代表MFマテオ・コバチッチも退団したひとりで、新天地はマンチェスター・シティとなった。この移籍に関して、元リバプールGKディビッド・ジェームスは懐疑的な声を挙げ、リバプールのプレースタイルの方がフィットしたはずだと持論を展開した。

「マテオ・コバチッチのようなプレーをする選手は、マンチェスター・シティよりもリバプールに向いていると私は思っていた。」

「彼がボールを拾い、簡単にラインを通過する様は、まるで常に時速100マイルで走っているかのようだ。彼のプレーには魔法のような要素がある。」

「ユルゲン・クロップ監督が就任して以来、リバプールのプレーぶりにはスピード、エネルギー、ペースがあり、コバチッチのような選手は理想的だ。」

「マンチェスター・シティのプレーは、ケビン・デ・ブルイネのパスのスタッツを見ればわかるように、一般的にかなりスローで、ボールを持って走ることにあまり依存していない。」

「ペップ・グアルディオラは、もう一度戦術を考え直そうと考えているのかもしれない。コバチッチは、マン・シティが狙うと思っていたタイプの選手ではないね。」

「そしてまた、アーリング・ハーランドもそうではなかった。しかし、もしコバチッチのような選手がリバプールに行くのであれば、それは素晴らしいフィットだと思う。」

King Casino Bonus

リバプールはアルゼンチン代表MFアレクシス・マック・アリスターやハンガリー代表MFドミニク・ショボスライの獲得に成功し、残るは守備的ミッドフィルダー。

プレミアリーグから降格したサウサンプトンに所属するベルギー代表MFロメオ・ラビアも候補に挙がる中、今後のリバプールの補強から目が離せない…

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました