チェルシーとサウサンプトンがロメオ・ラビア移籍で合意近づく…リバプールは4度目のオファーに動くか?

スポンサーリンク
Are Chelsea and Liverpool looking at Southampton midfielder Romeo Lavia after his relegation from the Premier League? 移籍

ファビーニョが抜けたリバプールは、守備的ミッドフィルダー確保に動き回っていた。様々な選手の名前がメディアを賑わせる中、サウサンプトンMFロメオ・ラビアを最優先に3度にわたってオファーを提示したが、いずれも要求額に満たずに拒否されてきた。

サウサンプトンとは評価額で開きがあり、年齢や経験値からリバプールは5000万ポンド(約70億円)と言われる金額に難色を示し、急遽ターゲットを変更すると、エクアドル代表MFモイセス・カイセドを巡り、ブライトンとクラブ間合意に達した。

しかし、ドラマはこれで終わらない。事前に調べないわけがないはずだが、選手側がチェルシー行きしか受け入れないと気持ちを表明し、リバプールに断りを入れた。ふたたび白紙に戻った守備的ミッドフィルダー探しだが、さらに困難な局面に直面した。

Sacha Tavolieri氏(ベルギー人ジャーナリスト)によれば、チェルシーとサウサンプトンはベルギー代表MF獲得で合意に近づいており、スタンフォード・ブリッジ行きが目前まで迫っている。また、リバプールが同額でのオファーに後ろ向きであるとも伝えた。

「チェルシーとセインツは、5200万ポンド(約72.8億円)+300万ポンド(約4.2億円)のアドオンで近づいている。サウサンプトンが今晩明らかになった移籍金を受け入れたとしても、明日にはいくつかの追加情報を交換する必要があるため、まだ契約は成立していない。」

「チェルシーはリバプールの土壇場での乗っ取りを想定し、責任あるチームにメディカルテストの準備を求めていると言われている。」

「リバプールがサウサンプトンの金銭的要求に応じるのを恐れている間に、ジョー・シールズはこの移籍でチェルシーにとって絶対に良い結果を残した。」

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました