チェルシーとの開幕節にも途中出場…リバプールの若きFWベン・ドークが目指す今季の目標とは!?

スポンサーリンク
Played in the opening match against Chelsea...What is Ben Doak's aim for this season スター候補生

昨夏の移籍市場にセルティックからリバプールに加入した17歳FWベン・ドーク。キレのあるドリブル突破でカップ戦などで好パフォーマンスを披露すると、この夏のプレシーズンでも体の動きは良く、ベテランの域に差し掛かっているエジプト代表FWモハメド・サラーの後継者として期待される。

プレミアリーグ開幕節チェルシー戦でも途中出場からプレー。印象的なプレーぶりこそ残せなかったが、強豪相手に貴重な経験を積んだ。まだ10代でポテンシャル十分な若きウィンガーは、多くの試合でピッチに立って、結果を出すことで選手として成長したいと、今季の目標を語った。

「どんな出場時間も僕にとってはボーナスだし、ただ楽しもうと思っているんだ。」

「昨年このクラブに加入したときから、大きな飛躍があったし、キャリアの中で最高の選手だと感じている。だからこのまま調子を上げていきたいんだ。」

「特別なことは何もない。ただ、昨シーズンよりも多くプレーしたい。」

「チャンスをもらえたことにはもちろん感謝しているけど、キャリアを築きたいから、できるだけ多くの試合に出場して、自分の力を発揮したいんだ。」

「僕のプレーでもっと良くならなければならないのは、結果を残すこと。だからこそ、ゴールマシーンやアシストマシーンの選手たちを見て、学びたいね。」

「もちろん、ここに来る前にもセルティックで何度か出場しているけど、慣れたわけではないし、慣れることはないだろうけど、同年代の若者よりは大観衆には慣れているし、自分がこれまでやってきたことをするために出ているんだから、怖がる必要はないよ。」

LFC公式サイト

トップチームには、サラーを始め、ルイス・ディアスやディオゴ・ジョッタ、コーディ・ガクポ、ダルウィン・ヌニェスと大舞台でも経験豊富なフォワード陣が揃っており、彼らのプレーやトレーニングから多くのことを学べるはずだ。

また、ベンチからでもプレミアリーグには屈指のプレーヤーが集っており、見るだけでも勉強になる部分もある。スコットランドU-21代表ウィンガーは、飛躍の一年を過ごすことができるだろうか…?

スター候補生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました