ドイツでは “超” 高く評価されている…ユルゲン・クロップ監督が新加入MF遠藤航について語る!

スポンサーリンク
In Germany, he is "super" highly rated...Jurgen Klopp explains about his new midfielder, Wataru Endo チーム

ファビーニョが去り、守備的ミッドフィルダー探しに苦戦したリバプールは待望の選手を獲得した。新加入選手の名前は、遠藤航。あらゆるメディアやジャーナリストがターゲットを予想する中、全く名前が挙がっておらず、サプライズ補強となった。

プレミアリーグやイングランドでは無名で、決してビッグクラブとは言えないシュトゥットガルトからの補強に疑問の声を発信するサポーターもいる中、ユルゲン・クロップ監督はクラブ公式とのインタビューで、日本代表キャプテンを “本当に良い選手である” と連呼した。

ユルゲン、クラブはシュトゥットガルトから遠藤航を獲得することで合意しました。まず、あなたの反応は?そして次に、彼がチームにどのような価値を付加してくれますか?

「本当に嬉しいよ。ワタルは本当にいい選手だ。サッカーという世界では、このようなことがあるのは知っているが、彼は本当にいい選手だから見てほしい。経験豊富で、シュトゥットガルトのキャプテンで、日本でもキャプテンで、英語が上手で、いいやつで、家族思いで、ピッチの上ではマシーンで、おまけに良いサッカー選手で、態度もセンセーショナルだ。だから、本当に嬉しいよ。彼は良いサッカー選手で、経験豊富だし、ハードワークが大好きだ。」

彼の選手としての資質について、噂が浮上して以来、ドイツ国内では明らかに多くの噂が飛び交っています。向こうの人たちから何か言われましたか?

「噂が出て以来、あるいは噂が出ていた頃から、私が指揮した選手たちからたくさんのメッセージをもらったよ。みんな “もし本当なら、これは天才的な一撃だ。何年も彼との契約をお願いしていたんだ。” とか、そんな感じだった。ドイツではとてもポジティブなことで、彼は超高く評価されている。シュトゥットガルトにとって、彼を失うのは本当に辛いことだと思うが、その一方で、(契約が)残り1年というのは良い取引だとも思う。彼にとっては良いことだ。クラブにとってもいいことだ。我々にとっても、本当にいいことだ。彼は我々に加わることを本当に喜んでいるし、それもいいことだ。」

最初の答えでも少し触れましたが、彼は30歳で、日本とシュトゥットガルトでキャプテンを務めています。その経験はチームに加味するにふさわしいものですか?

「もちろん。繰り返すが、私たちのクラブでは通常そのような状況で、もし彼が30歳でなければ、まず第一に、彼を獲得できるかどうかわからない。第二に、彼は常に私たちの獲得リストに入っていたが、いつもならこの年齢の選手と契約することはない。彼は明らかに最高にフィットしているし、彼とともに多くの楽しみを味わえるだろう。シーズンがすでに始まっている中で、彼はすぐにでも我々を助けてくれると確信している。だから、彼はピッチでその実力を発揮してくれるだろうし、彼がいてくれるのが待ちきれないよ。」

彼自身のフィットネスとシュトゥットガルトでの仕事についてですが…

「ああ、彼はプレシーズンをフルに過ごした。プレシーズンの全試合に出場したわけではないが、プレシーズンの試合には出場した。彼は充実したトレーニングを積んでいた。初めて話をしたとき、彼はトレーニングピッチから戻ってきていたし、良い状態にある。もちろん、どれだけ早く彼を起用できるかは考えなければならないが、フィジカル的な問題ではないだろう。あとは、シュトゥットガルトでプレーしていたポジションをここでもプレーするはずだから、大きな違いはない。私たちのやり方は少し違うけれど、最終的には彼がチャレンジに勝って、”A” から “B” にボールを渡すことができればクールだと思う。私はこのサッカー界がどのように機能しているか知っているし、人々の目を見ればわかる。名前が飛び交い、 “よし、あいつらだ、あいつらだ、あいつらだ” と思ったら、お願いがある。彼は本当にいい選手だし、今回の契約には本当に満足している。本当にいい選手なんだ。」

チーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました