完全移籍でのライアン・フラーフェンベルフ獲得に向けて、リバプールとバイエルンが交渉中!

スポンサーリンク
AC Milan looking to replace Sandro Tonari with Ryan Gravenberch from Bayern Munich移籍

ジェームズ・ミルナーやナビ・ケイタ、アレックス・オックスレイド=チェンバレンに加えて、ジョーダン・ヘンダーソンやファビーニョも失ったリバプールは、ミッドフィルダー陣の強化を最優先に、移籍市場で動き回っている。

当初の狙い通り、アレクシス・マック・アリスターとドミニク・ソボスライをプレシーズンが始まる前に獲得。しかし、サウジアラビアの激しい攻勢に晒された結果、ふたたびミッドフィルダーを求める旅を再開し、日本代表MF遠藤航をチームに迎えた。

その後も移籍期限の最終盤まで新たな中盤のプレーヤー探しを継続しており、最も現実的なターゲットとして、バイエルン・ミュンヘンMFライアン・フラーフェンベルフに強い関心を寄せており、ブンデスリーガに移る前、アヤックス時代から注目する大型ミッドフィルダーの移籍が近づいているかもしれない。

海外メディア『The Athletic』によれば、リバプールは同選手の完全移籍に向けて、バイエルン・ミュンヘンと交渉しているようだ。まだ決着までは遠く、成立するかすら分からない。それでも、両クラブはそれぞれの評価額について擦り合わせを行っている。

もしもバイエルンが要求する金額が支払えるレベルのものであれば、リバプールはそのまま正式なオファーを提示する見通しだ。オランダ代表MFはドイツ王者での扱いに不満を募らせており、アンフィールドでのプレーに前向きとも言われる。

ただし、クラブ間合意に加えて、選手側とも合意したとしても、バイエルンが後任を確保できない間は移籍は前に進まない。他のメディアでは、フラムのポルトガル代表MFジョアン・パリーニャに関心を抱いていると報じられており、21歳ミッドフィルダーに代わり、中盤に加わる可能性がある。

いずれにしても、交渉中であることは事実で、リバプールも金額次第だが獲得に躊躇はない。はたして、すべてがクリアになり、移籍期限までに元アヤックスMFが、レッズの選手として正式発表となる日は来るのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました