中盤再構築において、リバプールはトップレベルだった…伊ジャーナリストがフラーフェンベルフの移籍劇を解説!

スポンサーリンク
Liverpool was top of the class in midfield reconstruction... An Italian journalist explains the transfer drama of the Ryan Gravenberch 移籍

ジョーダン・ヘンダーソン、ファビーニョ、ジェームズ・ミルナー…数多くの経験豊富なミッドフィルダーが退団したリバプールは、昨シーズン不調の原因とも言われ続けた中盤の大幅な入れ替えに取り組んだ。

紆余曲折ありながらも、アレクシス・マック・アリスターやドミニク・ソボスライ、遠藤航の3選手の獲得に成功したリバプールは、ミッドフィルダー陣の刷新における最後のピースとして、移籍期限ギリギリで、バイエルンから元アヤックスMFライアン・フラーフェンベルフをチームに迎えた。

この夏ずっと、リバプールが関心を寄せてきたオランダ代表MFだが、ファブリツィオ・ロマーノ氏(イタリア人ジャーナリスト)は選手側も望んでいた移籍が遅れた理由を説明しつつも、レッズの中盤刷新はトップレベルの仕事っぷりであったと、大絶賛している。

「なぜリバプールはフラーフェンベルフとの契約をここまで遅らせたのか?結局のところ、6月、7月、8月上旬にバイエルンがこの選手を放出したくなかったからだ。」

「この状況が変わったのは1週間前のことで、中盤の選手交代というクレイジーな夏を経て、リバプールはようやくこの選手を獲得した。」

「ジョーダン・ヘンダーソンとファビーニョがサウジに移籍し、ジェームズ・ミルナー、ナビ・ケイタ、アレックス・オックスレイド・チェンバレンがフリーで退団した後、クラブにとって簡単な状況ではなかった。しかし、遠藤、フラーフェンベルフ、マック・アリスター、ソボスライを総額1億6000万ユーロで獲得できたのは、トップレベルな仕事だった。」

CaughtOffside
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました