決勝まで行きたい…ユルゲン・クロップ監督がヨーロッパリーグにおける “意気込み” と “姿勢” を語る!

スポンサーリンク
I would love to go to the final...Jurgen Klopp shares his "ambition" and "stance" for the Europa Leagueタイトル

昨シーズンはプレミアリーグを5位で終え、チャンピオンズリーグ出場権を逃したリバプール。久しぶりにヨーロッパリーグに挑むことになり、”グループE” に割り振られると、LASKリンツやロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ、トゥールーズと同組となった。

リバプールにとっての初戦は、現地時間9月21日(木)夜、LASKのホームスタジアムで開幕のときを迎える。決勝の舞台でセビージャに敗れた2015/16シーズン以来となる同大会を前に、ユルゲン・クロップ監督は強豪ひしめく中でも、ファイナルに進出したいと意気込みを語った。

「何よりもまず、私たち全員が大会を尊重し、適切な態度で対戦相手を思いやるようにしなければならないと思う。」

「どこに行こうが、チームにとっては大一番になるし、アンフィールドに来る誰にとっても大一番になる。UEFAチャンピオンズリーグでもそうだったが、ここ(ヨーロッパリーグ)でもそうなるだろう。そのためにも、100パーセントの準備をしなければならない。」

「可能な限り上に行きたい。決勝まで行きたいのはもちろんだけど、私たちとそのターゲットとの間には素晴らしいサッカーチームがたくさんいるから、そこにたどり着けるかどうかはまったくわからないね。」

TNT Sports

チャンピオンズリーグに出場してもおかしくないだけの戦力を有しており、リバプールの上位進出への期待は高まっている。ただし、毎回のように決勝に進出しているスペイン勢を筆頭に強豪や曲者のクラブが栄冠を狙っている。

はたして、リバプールは2015/16シーズンのように、決勝まで駒を進めることができるだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました