フェイエノールトDFダヴィド・ハンツコの代理人が、リバプールとパリ・サンジェルマンからの接触を明かす!

スポンサーリンク
The agent of David Hancko reveals contacts from Liverpool and Paris Saint-Germain 移籍

32歳DFジョエル・マティプがシーズン絶望の怪我を負ってしまい、契約も今シーズン限りで、このまま退団の可能性が高まっている。さらに、オランダ代表DFフィルジル・ファンダイクも32歳で、そろそろ世代交代を視野に入れたい。

チェルシーDFレヴィ・コルウィルやスポルティングDFゴンサロ・イナシオら若きセンターバックが候補として報じられる中、フェイエノールトで活躍するスロバキア代表DFダヴィド・ハンツコもターゲットのひとりであるというニュースが流れた。

他の選手に比べると、26歳と年齢が高い印象がある同選手だが、代理人はリバプールとパリ・サンジェルマンからの接触を認め、他のクラブからも関心が届いていると明かした。加えて、この冬での退団はほぼなく、移籍するにしても今夏の移籍市場が本命であるとも語った。

「エージェンシーとして、我々はこの2つのクラブ(リバプールとPSG)だけでなく、ダヴィドの状況を調べている他のクラブともコンタクトを取っている。」

「おそらく80-90%で、ダヴィドはロッテルダムに残るだろう。フェイエノールトはチャンピオンズリーグを戦っているし、フェイエノールトの人々は、ダヴィド・ハンツコが夏にも売却されることを知っている。」

Tn.cz

2022年にスパルタ・プラハからオランダに渡った同センターバックは、ここまで70試合5ゴール7アシストを記録し、今シーズンもレギュラーの座を確保している。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグでも20試合以上に出場しており、ヨーロッパの舞台でも経験豊富だ。

理想的には20代前半の将来有望なディフェンダーが第一候補であることは間違いない。ただ、左サイドバックとしてプレーできる器用さは評価が高く、移籍金次第では獲得に乗り出す可能性も否定はできない。

現状は他の候補と同じく問い合わせを行っただけであり、それ以上でもそれ以下でもない。この冬は静観を続けるリバプールだが、急激な展開で新たなセンターバック確保に動くことはあるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました