後悔の念に駆られている…英ジャーナリストが、半年間でサウジアラビアを離れたイングランド代表MFに触れる!

スポンサーリンク
Driven by regrets...An English journalist talks to the England midfielder who left Saudi Arabia after six months 移籍

昨シーズンが終了したタイミングで、中盤の補強に繰り出したリバプールにおいて、プレー時間が減少する可能性があったイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソン。レギュラー扱いを求めた同選手は、スティーブン・ジェラード監督の説得もあり、サウジアラビア行きを決断した。

しかし、上位チームとの資金力は明らかで、所属するアル・イテファクは首位に対して、獲得している勝ち点は半分にも満たない。成績不振に加えて、中東での生活が肌に合わず、半年間でサウジアラビアからの脱却を画策。最終的には、オランダのアヤックスに加入して落ち着いた。

ニール・ジョーンズ氏(英国人ジャーナリスト)は、元リバプール・キャプテンの昨夏での決断に触れ、大きな後悔の念に駆られていると推察したうえで、アムステルダムでの活躍に期待を込めた。

「ジョーダン・ヘンダーソンについては、エラーの末路とでも言うべきか。」

「まずは、アヤックスでの彼の幸運を祈る。サッカー、ライフスタイル、名声という点で、彼にとって悪い移籍ではない。エールディビジの強豪は、今シーズンこそ苦戦を強いられているかもしれないが、ゲームにおける偉大なクラブのひとつであることに変わりはない。」

「サウジアラビアの試みに関しては、ジョーダン自身も反省し、後悔の念に駆られることだろう。彼はアル・イテファクに移籍することで、プロとしても評判としても大きなリスクを負った。」

「彼があそこで直面した問題の多くは、フィールド内外で事前に予測できたと思うし、彼抜きのリバプールのその後の成功は、彼がアンフィールドを去るにあたって、性急な決断を下し、間違った決断を下したという感覚に拍車をかけただけだと思う。」

「それでも、それがサッカーであり、ヘンダーソンもそれを理解しているはずだ。少なくとも今は、再び試合を楽しむチャンスがある。彼はアムステルダムでの挑戦を喜ぶだろう。」

CaughtOffside
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました