クロップ監督は昨シーズン途中にも監督を辞めようとしていた!?留まるように説得したのは、同監督の妻…

スポンサーリンク
Klopp was about to quit as manager midway through last season...But his wife convinced him to stay 未分類

先週金曜日に衝撃的なニュースが飛び込んできた。2026年6月までリバプールを率いると見られていたユルゲン・クロップ監督が今季限りでの退任を発表。同クラブの公式サイトを通じて、今回の決断に至った背景を説明した。

世間はいま、誰がクロップ監督の後任を務めるかに話題が集中。シャビ・アロンソ監督やロベルト・デ・ゼルビ監督を筆頭に様々な指揮官の名前が浮上しているが、ドイツ人指揮官は不振を極めた昨シーズン途中にも監督から降りることを考えていた。

英『The Times』ジョナサン・ノースクロフト記者によると、昨季の途中での退任を留まるように説得したのは、同監督の妻であるウラ・クロップ氏だったようだ。説得の結果、昨夏の移籍市場で中盤の刷新に着手し、大幅にチームを生まれ変わらせることに成功した。

エネルギーが燃え尽き始めていると語ったドイツ人指揮官だが、壮絶なプレッシャーの中、多忙を極めるシーズンを何年も繰り返す中で疲れるのは容易に想像できる。さらに、プレミアリーグやチャンピオンズリーグを始め、獲得できるタイトルを勝ち取ったことも燃え尽き症候群のような状態に陥っていても不思議はない。

時期を遅らせて、今シーズン終了までアンフィールドで指揮を執ることを決断。そして、1年遅らせての退任となったわけだが、今回の決断に下すに至り、妻にも説明したと明かしており、しっかりと理解してくれたとインタビューで語っている。

「もちろん、ウラにも説明しなければならなかった。」

「”ああ、よかった” という感じではなかった。でも誤解しないでほしい。彼女は私に理由を尋ね、私は今あなたに説明しているように伝えた。もう少しプライベートな詳細かもしれないが、それ以外はかなり似ている。」

「そして、ウラは私がうまくいき、元気になることを望んでいて、私がそのことを本当に確信していることを知った。そして、彼女は私がこういうことを軽々しく考えないことを知っている。私のために、私がその決断に満足していることを喜んでくれた。なぜなら、それが真実だからだ。」

「今、私たちがしている様々なこと、チームとうまくいっていること、こういったことをみんなが教えてくれるとき、それをとても楽しんでいる。けれども、永遠にそうしなければならないわけではないとわかっているからこそ、それを楽しんでいるんだよ。」

Liverpoolfc.com
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました