アヤックス加入の道もあった!?リバプールDFセップ・ファン・デン・ベルフが、昨夏の出来事を振り返る…

スポンサーリンク
There was a way to join Ajax...Sepp van den Berg reflects on the events of last summer 移籍

2019年にオランダからリバプールに加入した22歳DFセップ・ファン・デン・ベルフだが、アンフィールドでは出場機会に恵まれず、レンタル生活を送っている。プレストン・ノースエンドやシャルケでのローン移籍を経て、今シーズンはマインツでプレーしている。

昨季に続き、ブンデスリーガでのローン移籍となった元オランダU-21代表センターバックだが、アヤックスでプレーしている道もあったようだ。同選手は、昨夏の移籍市場において、前アヤックス監督と話したことを明かしつつも、より大きなリーグを狙っていたと語った。

「昨年の夏に(元アヤックス監督の)モーリス・スタインと電話した。」

「あまり具体的ではなかったが、関心はあった。」

「アヤックスは今でもとても大きなクラブだけど、僕はもっと海外に照準を合わせているんだ。例えば、イングランドかドイツ。いま、海外に目を向けるとしたら、イタリアやスペインもいいかもしれないね。」

「僕は幼い頃から海外で活躍してきたし、絶対とは言わないけど、この夏は海外に照準を絞っている。」

ESPN

マインツでは19試合に出場し、降格圏からの脱出に向けて戦い続ける22歳ディフェンダーは、プレーする可能性もあった母国の強豪クラブに加わった元リバプールMFジョーダン・ヘンダーソンに触れ、超優秀なキャプテンだと高らかに主張した。

「(ジョーダン・)ヘンダーソンは本当に一流だ。」

「彼は素敵な人で、フィールド内外で真のリーダーだ。確かに、アヤックスの若くて才能のあるメンバーには、中盤で指示を出すような選手が必要だと思う。」

「僕の意見では、彼はそれができる最高の選手だ。彼は真のキャプテンであり、素晴らしい人格者だ。」

「ピッチの外でも、例えば選手たちのグループに何か問題があったとしても、彼はトレーナーとうまく話し合うことができる。」

「現実的なことを引き出すのがうまい。一緒に笑って楽しく会話もできるし、いい人だよ。また、フィールドでは真のリーダーでもある。」

「コロナ期間中は、誰もいないスタジアムを歩き回ることができた。フィールドで何が起こっているのか、はっきりと聞こえる。リバプールの試合を見ていると、誰よりも彼の声が聞こえるんだ。」

「彼は本当にチームを牽引している。僕が知る限り、彼は超優秀なキャプテンだよ。」

ESPN

リバプールとの契約は2026年6月までとなっているが、この夏の移籍マーケットでの退団が濃厚。要求額を支払うクラブが現れる必要があるが、レンタル生活から脱出し、完全移籍を手にすることができるだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました