次なる指揮官は誰に…クロップ監督の後継者として、リバプールがリストアップする4名の監督とは!?

スポンサーリンク
My heart is in Liverpool...Jurgen Klopp dismisses rumors of a German national team manager 移籍

ユルゲン・クロップ監督が今季限りでの退任を発表したことで、拍車がかかっているのが後継者探し。シャビ・アロンソ監督が最も濃厚な候補者として取り沙汰される一方で、ヨーロッパで結果を残す様々な若き指揮官の名前が飛び交っている。

スペイン人指揮官に加えて、ブライトンを率いるロベルト・デ・ゼルビ、ドイツ代表を任されているユリアン・ナーゲルスマン、そしてルベン・アモリムら4名の監督とインタビューする可能性があると、ベン・ジェイコブス氏(スポーツジャーナリスト)が報じた。

「リバプールは十分な調査を行い、さまざまな候補者と面接する。彼らは徹底的なプロセスを踏むだろうし、急ぐことはない。私は、アロンソ、デ・ゼルビ、ナーゲルスマンが面接リストに載っていると予想している。アモリムと面接する可能性だってある。」

GIVEMESPORT

アンフィールドで数々のトロフィーを獲得し、脅威的な戦績を残したドイツ人指揮官。サポーターからの愛も絶大で、選手やコーチ陣、スタッフら周りの人々を巻き込む力に長け、ピッチ内外でいろいろな功績を挙げてきた。

後継者に求められる能力は非常に高く、信じられないほどのプレッシャーに晒されることになる。いずれの候補者もまだまだ成長段階であり、就任当初のクロップ監督とは経歴も実績も異なる。

ただし、全監督とも若手選手のポテンシャルを引き出し、トップチームに組み入れてきた。また、戦術面でも優秀で、後継者になるだけの才能を有している。

実際に契約を結ぶのはまだまだ先になりそうだが、来シーズン誰がアンフィールドで陣頭指揮を執るのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました