マイケル・エドワーズのリバプール復帰はまもなく…伊ジャーナリストがGOサインが迫っていると発言!

スポンサーリンク
Real Madrid's bid to snatch Liverpool's Michael Edwards from the jaws of victory 移籍

2015年から続くユルゲン・クロップ政権が終焉を迎える今年の夏。フェンウェイ・スポーツ・グループは次なる時代を担う指揮官のリストアップを進める一方で、新体制を包括的に引っ張る役割として、かつてスポーティング・ディレクターを務めたマイケル・エドワーズ復帰を画策していた。

当初は乗り気ではなく、リバプール以外にもチェルシーからのアプローチにも首を横に振っていた。ところが、ボストンでの役員陣からの直接的な説得は心変わりを促し、交渉は最終局面まで進んだ。そして、ファブリツィオ・ロマーノ氏が、復帰の発表までもうまもなくだと報じた。

「リバプールはマイケル・エドワーズのクラブ復帰に向けて、最終的なゴーサインが間近に迫っている。」

「最後の詳細が決定し、発表される。もうすぐだ。」

「リバプールの最後のトライは、契約を完結させるために正解だったようだ。」

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました