リバプールやバイエルンを出し抜く!?バルセロナがスポルティング率いるルベン・アモリム監督に急接近…

スポンサーリンク
Outsmarting Liverpool and Bayern...Barcelona is approaching Sporting's director Ruben Amorim 移籍

バルセロナは、シャビ・エルナンデスの後継者候補としてルベン・アモリムに注目している様子で、スポルティング・リスボンの監督に欧州の主要ライバルの誰よりも接近していると見られている。

このポルトガル人監督は、バイエル・レバークーゼンのシャビ・アロンソに次いで、ヨーロッパで最も魅力的なオプションとなっている。この夏の監督とスポーツディレクターを巡るマーケットは熱狂的なものになりそうだ。

そこに追い打ちをかけたのがシャビの今季限りでの辞任表明であり、バルセロナ、リバプール、バイエルン・ミュンヘンのすべてが、少なくとも新監督を探すことになった。

ユルゲン・クロップはリバプールを去り、トーマス・トゥヘルはバイエルンの指揮を今シーズン終了までしか執らない。マンチェスター・ユナイテッドもまた、エリック・テン・ハグの将来が危ぶまれている。

リバプールとバイエルンは今のところ、両クラブでミッドフィルダーとしてプレーしたアロンソを優先しているが、2チームはアモリムにも興味を持っている。

英『The Independent』によれば、他の2クラブとは異なり、バルセロナは現在、ポルトガル人監督を他の選択肢よりも優先しており、アロンソを逃したクラブを打ち負かすには、相当なアドバンテージを得ることになるようだ。

アモリムはスポルティングを活性化させ、2021年に19年ぶりのリーグタイトルを獲得した。この夏、監督として最も需要のある人物のひとりとなり、監督を探しているすべてのクラブがアモリムを真剣に検討している。

一方で、リバプールはロベルト・デ・ゼルビやユリアン・ナーゲルスマンら若き指揮官にも関心を示しており、もしもスペイン人指揮官を逃した場合にも備える。いずれの候補者も、40歳前後と長期的な視点に立った抜擢となる。

この夏の人気銘柄、シャビ・アロンソやルベン・アモリムの2人は来季どのクラブで指揮を執ることになるだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました