リバプールに復帰したマイケル・エドワーズの最初の大仕事は、シャビ・アロンソ就任の実現!?

スポンサーリンク
Michael Edwards' first big task upon his return to Liverpool is to make Xabi Alonso's appointment a reality 移籍

2015年10月からリバプールを率いたユルゲン・クロップ監督は、今季をもってアンフィールドを離れる。数々のタイトルを勝ち取ってきたドイツ人指揮官の後継者は大きな責務が発生するが、その重積に耐え、プレミアリーグで優勝争いを維持できるだけの監督に狙いを定めている。

そのリストには、シャビ・アロンソやルベン・アモリム、ユリアン・ナーゲルスマンらの名前が記載されている。中でも、スペイン人指揮官が最優先ターゲットと言われ、現役時代にはリバプールで活躍した同監督の就任を期待する声も多い。

ディーン・ジョーンズ氏(英国人ジャーナリスト)は、リバプールに復帰したマイケル・エドワーズの初仕事が、シャビ・アロンソの招集になると語りつつも、他の候補者にターゲットを変更する可能性にも言及した。

「エドワーズの新しい役割が実際にどのような範囲に及ぶかは見てみないとわからないが、これは単なる人事の枠を超えたものになるだろう。」

「彼は限界まで自分を試せるような役割を探しており、それは日々のクラブ内外で働くというよりも、世界レベルでリバプールのために働くことを意味するだろう。そんな印象を受けている。」

「リバプールが直面している大仕事は、新監督を決めることであり、今はそれが最優先となる。エドワーズとヒューズの続報も重要だが、フットボールチームとその成功を決定付けるのは監督だ。」

「エドワーズはシャビ・アロンソの起用に乗り気で、それが最初の目標になると聞いている。しかし、彼だけが話題に上っている名前ではない。アモリムやナーゲルスマンもまだ候補に挙がっていると思う。」

GiveMeSport
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました