フラムが26歳DFトシン・アダラビオヨに新契約を提示も…複数クラブからの関心に、決断はまだ先か!?

スポンサーリンク
Fulham offers new contract to Tosin Adarabioyo, with interest from several clubs, a decision is still forthcoming 移籍

32歳DFジョエル・マティプが今シーズンをもって契約満了を迎え、そのまま退団が濃厚だ。その穴を埋めるべく、リバプールは新たなセンターバックに関心を示し続けており、スポルティングDFゴンサロ・イナシオを筆頭に様々なターゲットが浮上している。

フラムに所属する26歳DFトシン・アダラビオヨも候補者のひとりであり、マティプ同様に今季限りで契約満了となる元マンチェスター・シティDFをフリートランスファーで獲得する可能性が伝えられてきた。

移籍情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏(イタリア人ジャーナリスト)は、同選手を巡る情報をアップデートすると、所属するフラムは契約更新に向けてアプローチをしているが、他のクラブからの関心に、いますぐ決断を下すことに躊躇していると伝えた。

「フラムがトシン・アダラビオヨに新たな長期契約を提示し、その一部として昇給も提案している。」

「トシンの現在の契約は6月で切れる。」

「…しかし、複数のクラブがフリーエージェントとして彼との契約に興味を持ち続けているため、彼はまだ将来を考えているようだ。」

ロンドンのクラブでは、100試合以上で出番を得ており、プレミアリーグやチャンピオンシップでの経験は豊富。マンチェスター・シティ時代にはチャンピオンズリーグにも少しの時間だが、ピッチに立った過去があり、その雰囲気を肌で感じている。

ヨーロッパの大会ではまだまだ経験不足は否めないが、チームメンバーのひとりとの扱いであれば十分に計算できる選手だ。今季もカラバオカップの準決勝で、リバプール相手に見せたパフォーマンスは絶賛されており、プレミアリーグでも指折りのセンターバックとして認識される。

はたして、リバプールは新センターバックに26歳ディフェンダーを迎え入れるのか、もしくはフラムが新契約の締結を成功させるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました