他の場所でプレーしてほしい…元オーストラリア代表GKが、クィービーン・ケレハーの去就について持論を展開!

スポンサーリンク
I want him to play elsewhere...The former Australian goalkeeper has a theory about Caoimhín Kelleher's future 移籍

2年前のカラバオカップ同様に、今年もファイナルの舞台で好セーブを連発し、延長戦の末に今シーズン初のタイトルを掲げたアイルランド代表GKクィービーン・ケレハー。アリソン・ベッカーが負傷離脱していることもあり、最近はプレミアリーグでも出番を得ている。

ただし、あくまで正守護神はブラジル代表GK。25歳になったコーク出身GKもイングランドのトップリーグでスタメンを張れるだけの実力を有するが、31歳の世界的なゴールキーパーの総合力には及ばずに、昨シーズンはチームの不調もあり、わずか4試合のみの出場に留まっていた。

レギュラーGKの負傷やチームのパフォーマンスに影響を受ける現在の状況をあまりよく思っていないのが、現役時代にはミドルズブラやフラムで活躍した元オーストラリア代表GKマーク・シュウォーツァーだ。大ファンであることを明かしつつも、別のチームに移るべきだと語った。

「(クィービーン・)ケレハーは本当に素晴らしかった。そして、私は彼の大ファンだし、もしリバプールで出場できないのなら、どこかに行ってレギュラーとしてプレーする必要がある。それほど良い選手なのだから、他の場所でプレーしてほしい。」

Optus Sport Football Podcast

昨夏の移籍市場では、ブライトンやブレントフォードらプレミアリーグのクラブが獲得を狙っているとも噂が流れ、いまはスコットランドのセルティックが、元イングランド代表GKジョー・ハートに代わる守護神として、アイルランド代表GKに狙いを定めているとの報道も。

一方で、リバプールが要求する移籍金が予算を上回っているとも言われており、実際に獲得に動き出すかは分からない。レッズも安定感抜群な信頼できるゴールキーパーを安く手放すつもりはなく、2000万ポンド以上に金額を設定している。

また、最近の活躍からも移籍金を吊り上げる可能性もあり、アンフィールドからの退団は遠のくかもしれないが、はたして…!?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました