リバプールは今夏の移籍市場で、アタランタMFトゥーン・コープマイネルス獲得に集中か!?

スポンサーリンク
Liverpool will focus on signing Atalanta midfielder Teun Koopmeiners in this summer's transfer market 移籍

昨年の夏、リバプールは大量のミッドフィルダーが去り、多くのミッドフィルダーを迎え入れた。その全員がアンフィールドで活躍しており、さらに若手選手も急成長を遂げ、中盤の刷新に成功。今季はプレミアリーグで首位争いを展開している。

それでも、レッズには中盤補強の噂が飛び交う。ドイツ代表の攻撃的ミッドフィルダーコンビ、ジャマル・ムシアラやフロリアン・ヴィルツらへの関心が報じられており、イタリア方面からカストリクム出身MFに対しての興味がしばしば取り上げられてきた。

イタリア紙『Corriere dello Sport』によれば、リバプールはこの夏の移籍市場において、アタランタの中心選手であるオランダ代表MFトゥーン・コープマイネルスを獲得することに照準を合わせているようだ。

2021年にAZアルクマールからゲヴィス・スタジアムに移籍。イタリアのサッカーに順応し、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督にとって欠かせない選手に成長した。そして、ここまで112試合26ゴール12アシストを記録している。

オランダ代表でも20試合2ゴールを挙げており、年々その評価は高まっている。まだ26歳と5年以上は活躍できるだけに、面白いオプションにはなり得る。

ただし、いまのリバプールには十分なミッドフィルダー陣が揃っている。年齢も20代前半から中盤の選手が多く、ユルゲン・クロップ監督の次の世代を担える人材がポジション争いを繰り広げており、10代の選手たちも飛躍の年を迎えている。

アタランタは当初3400万ポンドを要求する見通しだったが、近年の好調なパフォーマンスを受けて、4300万ポンドまで値上げすることを決めた。獲得を狙うクラブは、それ以上の金額を提示しなければならず、補強ポイントではないポジションに対して、リバプールがその予算を費やす未来は考えにくい…

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました