ジョエル・マティプの代理人が、フェネルバフチェに売り込み!?今季限りでリバプール退団か…

スポンサーリンク
Joel Matip's agent offers to sell him to Fenerbahce as he could leave Liverpool at the end of the season 移籍

2016年の夏、フリートランスファーでシャルケからリバプールに加入した元カメルーン代表DFジョエル・マティプ。アンフィールドで通算201試合に出場しており、オランダ代表DFフィルジル・ファンダイクのパートナーとして、長らく活躍した。

しかし、イブラヒマ・コナテやジャレル・クアンサー、ジョー・ゴメスがセンターバックでプレーでき、この夏の移籍市場において、新たなセンターバックが加わる可能性が高まっている。ユルゲン・クロップ監督も去る中、元シャルケDFも契約満了に伴い、今季限りでチームを離れることが濃厚だ。

今シーズンは十字靱帯断裂の大怪我で棒に振っているが、同選手の代理人は次のクラブ探しに奔走している。トルコ紙『Sabah』によると、フェネルバフチェに対して、32歳のセンターバックをオファーした模様だ。

また、トルコのクラブを率いるイスマイル・カルタル監督が獲得を望むか否か。そして、現在の負傷からトップレベルで戦える状態に戻る場合において、獲得に動き出すどうかを決断する予定で、現時点では何も決まっていない。

いじられキャラに加えて、独特なリズムでのドリブルで攻撃にも参加するボーフム出身DFは、来季トルコのリーグでプレーすることになるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました