リバプールへの移籍を熱望している…英ジャーナリストが、ルベン・アモリムの希望を明かす!

スポンサーリンク
Ruben Amorim's exit in the offing...Liverpool to hold discussions with his agent this Monday 移籍

来シーズン、アンフィールドでチームを率いる指揮官を探すリバプール。ユルゲン・クロップ監督の後釜という重責を担える若き人材として、スポルティングのルベン・アモリムに照準を絞っており、同監督の代理人と話し合いが進行している。

まだ合意には至っておらず、交渉決裂もあり得る世界線。余談を許さない期間が続くが、サッカー・ジャーナリストのディーン・ジョーンズ氏は、ポルトガル指揮官がリバプール移籍を熱望していると伝え、合意に至る自信もあると語った。

「ニコ・コバチに関する話は少し奇妙に思えた。今のところ、リバプールが実際にバックアッププランを必要とする兆候も理由もないからね。」

「ルベン・アモリムを監督にすることに関して、合意を見出す自信はあると思うが、すぐに解決するものではないことは承知している。」

「私が知る限り、初期の接触でうまくいったことはなく、これは彼が次期監督になるための詳細を調整するケースである。」

「彼が次のステップとしてリバプールへの移籍を熱望していることが重要で、まだ実際の合意には至っていないが、リバプールとスポルティングの接触が活発になれば、この話はすぐに次の段階へと進むだろう。」

GiveMeSport
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました