『リバプールの新監督になりたい…』アルネ・スロットがオランダのメディアに願望を告白!

スポンサーリンク
Liverpool's big target revealed...Feyenoord manager Arne Slot emerges as the fastest-rising 移籍

シャビ・アロンソやルベン・アモリムらヨーロッパで結果を残している若き指揮官に関心を示してきたリバプールは、新たな監督として、フェイエノールトのアルネ・スロット招集に全力を傾けており、両クラブは絶賛交渉中だ。

ユルゲン・クロップが残した系譜を引き継ぎつつも、自らが目指すサッカーを展開し、マンチェスター・シティやアーセナルらとタイトル争いを繰り広げるチーム作りが求められるオランダ人監督は、アンフィールドでの指揮が近づく。

45歳の同氏もリバプール移籍の願望を隠しておらず、母国のメディアに対して、アンフィールドの指揮官になりたいと告白。話し合いを継続しているクラブにも信頼を寄せ、交渉が成立することを願っている。

「リバプールの新監督になりたい。私の意思は明確だ。」

「クラブが交渉中なので、まだ保留中。」

「合意に達するまで待たなければならないが、私はそれについて全幅の信頼を寄せている。」

ESPN Netherlands

昨シーズンにはエールディビジを制覇し、今季はオランダ・カップで優勝に導いた。ただし、まだまだトップレベルでの指揮経験は乏しく、これまで噂に挙がってきた監督陣に比べると、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグでも結果を出しているとは言い難い。

それでも、攻撃的なサッカーやパッションなどリバプールの歴史にマッチすると見られ、上層部は同監督の招集に躍起だ。はたして、レッズはシーズン終了が迫る中、新たな指揮官の名前を正式に発表できるだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました