ステップアップしなければならない…元アイルランド代表MFが、リバプールFWコーディ・ガクポに要求!

スポンサーリンク
Must step up...Former Ireland midfielder demands Liverpool forward Cody Gakpo チーム

PSVアイントホーフェンから、2023年1月にリバプールに加入したオランダ代表FWコーディ・ガクポ。昨シーズンこそ、センターフォワードとして先発出場も多かったが、今季はプレミアリーグで途中からの出場も増えている。

昨季に比べて、ミッドフィルダーや左ウィンガーでの起用も多く。全試合を通じて、二桁得点を決めているものの、加入1年目ほどのインパクトを残しているとは言い難い。元アイルランド代表MFレイ・ホートンもチームメイトと比較し、ボックス内でもっと仕事をすべきであると主張した。

「(ヌニェスの)実得点数を見れば、(悪くはない)。」

「人々は、彼が逃したチャンスのせいで、そのことを忘れがちだが、それはいつものことだ。」

「ストライカーの場合、ペナルティーエリア内にいるとき、得たチャンスから十分な得点を決められるかどうかがすべてであり、それがヌニェスに対する批判のひとつでもある。」

「しかし、他の選手もステップアップしなければならない。ガクポはステップアップしなければならない。彼は今シーズン、あまり多くの試合に出場していない。彼は出場したら、ボックス内に入らなければならない。」

talkSPORT

マンチェスター・ユナイテッド行きも噂されていたが、マージーサイドに加わったオランダ代表FW。様々なポジションをこなせる器用さが魅力のひとつだが、若干器用貧乏感も否めず、結局は長年プレーした左のウイングが適正ポジションにも思える。

懐の深いドリブルはセンターバックとのバトルを反転させるが、球離れが遅いシーンも多く、もしもセンターフォワードとして大成するには、もっと周りとの連携を強化し、アタッカー陣全体でゴール数だけではなく、チャンスを得点にするゴールコンバージョン率も高めたい。

はたして、24歳のフォワードはイングランドでさらなる成功を手にいれることができるだろうか…?

チーム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました