ルベン・アモリムがリバプールに選ばれなかった理由とは!?Sky Sportsのレポーターが解説…

スポンサーリンク
The battle for Ruben Amorim is a three-way fight between Liverpool, Barcelona and Chelsea 移籍

ユルゲン・クロップ監督の今季での退任に伴い、リバプールは強豪クラブを引き継げる指揮官を探し続けた。一時的には、バイエル・レバークーゼンのシャビ・アロンソの去就が注目を集めたが、来シーズンも同クラブに残留を表明したことで、サポーターの視線はスポルティングのルベン・アモリムに注がれた。

若手育成に定評のある若きポルトガル人指揮官は、候補者リストでも上位に名前が記載されており、最有力とメディアは囃し立てた。しかし、同監督がウェストハム・ユナイテッド首脳陣と会談をした同時期に、フェイエノールトのアルネ・スロットが有力候補として急浮上した。

すでに両クラブは補償金で合意しており、オランダ人監督もアンフィールドでの指揮を熱望していることから、クラブからの正式発表も近い。一方で、結果的にリバプールに選ばれなかったアモリムだが、海外メディア『Sky Sports』のメリッサ・レディ記者は、その理由を説明している。

「彼は候補者リストに載るための条件をかなり満たしていたが、大きなネックとなったのは、プレー哲学があまりにも異なっていたことだ。」

「彼は3バックを好んで使うが、それはリバプールの陣容ややり易さとは相容れない。」

「また、彼の長期的なビジョンはリバプールの流儀と一致しなかった。」

「それに、リバプールはすべての年代を通じて同じやり方でプレーしているため、それを乱したくないのだろう。」

Sky Sports
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました