リバプールが、パルメイラスの “神童” ルイス・ギリェルミ獲得に関心…契約解除条項は、5500万ユーロか!?

スポンサーリンク
Liverpool interested in signing Palmeiras "prodigy" Luis Guilherme...Exit clause is €55m 移籍

フロリアン・ヴィルツやジャマル・ムシアラと、ドイツ代表の未来を担う攻撃的ミッドフィルダーらへの関心が報じられるリバプールは、ブラジルでもスカウティングを活発化しており、将来的にセレソンを代表する選手に視線を送っている。

英『The Daily Mail』によれば、アーセナルのスター、ガブリエル・ジェズスやレアル・マドリードに移籍するエンドリックらを輩出したパルメイラスでプレーする18歳MFルイス・ギリェルミに関心を寄せている。

スカウトを強化しているのは、リバプールだけではなく、他のヨーロッパのクラブも活動に余念がない。ブラジルで頭角を現し、その成長ぶりは注目を集めている。18歳の攻撃的ミッドフィルダーはパルメイラスのトップチームに定着し、ブラジルのセリエAとコパ・リベルタドーレスで33試合に出場してきた。

ブラジルU-20代表MFは昨年11月に2026年までの新契約にサインし、解約解除条項には5500万ユーロが設定されている。バイエルン・ミュンヘンとチェルシーが3500万ユーロでのオファーを検討しているとの地元報道があった後、正式に契約延長が結ばれた過去がある。

所属クラブでは得点こそないが、その才能は誰の目にも明らか。今年2月に18歳になったことで、ヨーロッパ移籍も解禁。この夏にマドリード入りが内定しており、先日の親善試合ではイングランド代表とスペイン代表相手にゴールを挙げた同い年のストライカーに続くかもしれない。

これまでも幾度となく、リバプールからの関心を伝えるニュースが流れていた。はたして、レッズは新たな指揮官のもとで、ブラジルの期待の星をチームに迎え入れることになるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました