クロップが “NO” を突きつけた…チェルシーからダルウィン・ヌニェスへのオファーを拒否した舞台裏とは?

スポンサーリンク
Klopp puts down 'NO' to... behind the scenes when an offer from Chelsea for Darwin Nunez was rejected? 移籍

昨シーズンはプレミアリーグのスピードなどに苦しんだウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスには、2年目の覚醒が期待されていた。イングランドやチームにも慣れ、今季は二桁得点とアシストを記録しており、プレーを向上させた。

しかし、ゴール前での決定力には疑問が残る。ニューカッスル戦など劇的ゴールで勝利をもたらす一方で、簡単なゴールをゴールキーパーめがけて打ったり、枠内にシュートを打てないシーンも目立ち、コンバージョン率は極めて低い。

強靭なセンターバック陣との競り合いにも弱く、ポストプレーは拙い。足元の技術もトップレベルにはなく、フォワード陣が得点が取れない最近において、批判の的のひとりになっている。モハメド・サラーの不調ぶりも激しく、今夏の退団も噂される中、ウルグアイ代表ストライカーの去就も不透明になっている。

昨夏の移籍市場において、チェルシーが獲得に本腰を入れていたと伝えたのは、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏。そのタイミングでは能力を信じるユルゲン・クロップ監督が放出を頑なに拒否したようだが、同監督が去る来シーズンの構想に入るかどうかは注目すべきだろうと語った。

「現時点で、はっきりさせておきたいのは、ダルウィン・ヌニェスの状況について、交渉や変更があったとは知らないし、最新情報もないということだ。」

「皆さんにお伝えしたかったのは、チェルシーが昨夏の移籍市場の終盤、ストライカーを探していた最後の数週間で、ダルウィン・ヌニェスを獲得しようとしたことを思い出してもらい、その詳細を知ってもらうことだ。」

「彼らはそれを実現させるために本気で話し合いをしたが、リバプールにとっては明確な  “ノー” だった。私が聞いた話では、ユルゲン・クロップはその移籍にNOを突きつけ、リバプールの現在と未来にとって重要な選手をどうしても引き留めたかったが、チェルシーもダルウィン・ヌニェスに “超” 熱心だった。」

「この夏、いくつかのクラブがリバプールにアプローチしてくるのか、それともダルウィンが重要な選手であり続けることになるのか、見守ってみよう。」

Daily Briefing
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました