ラヤン・アイト=ヌーリに対して、リバプールやアーセナル、マンチェスター・シティが関心を示す!?

スポンサーリンク
Liverpool, Arsenal and Manchester City show interest in Rayan Aït-Nouri 移籍

昨年にはアンディ・ロバートソンやコスタス・ツィミカスらが相次いで負傷離脱していた期間、リバプールは様々な左サイドバックへの関心が噂された。結果的には、イングランド代表にも復帰したジョー・ゴメスが本職ではないポジションにも関わらず、見事に穴を埋めた。

一方で、スコットランド代表キャプテンも30歳と年齢が高まっており、ギリシャ代表DFは復帰後、低調なパフォーマンスに終始していることから、左サイドバックへの関心は消えていない。そのターゲットのひとりが、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズに所属する22歳DFラヤン・アイト=ヌーリだ。

英『The Mirror』によると、フランス出身のアルジェリア代表ディフェンダーに関心を示すのは、リバプールだけではなく、プレミアリーグでタイトルを争うマンチェスター・シティやアーセナルも同選手の動向に注目している。

今シーズンはサイドバックでの出場よりも、ミッドフィルダーなど攻撃的なポジションでの起用が増えつつある。キャリアにおいて、新たなチャレンジを続けている。国内リーグでは100試合を超える出番を得ており、トップリーグでの経験もしっかりと積んでいる。

ウォルヴァーハンプトンは上位争いに食い込めておらず、ヨーロッパの大会には出場したことがない。それでも、激しいプレッシャーをも交わすだけの高いテクニックを持っており、よりボールを支配できるクラブでは長所を活かせる可能性がある。

マンチェスター・シティは、ヨシュコ・グヴァルディオルやナタン・アケが左サイドバックを埋めており、補強において優先すべきポジションではないかもしれないが、いずれもセンターバックを本職とする守備的なサイドバックであり、攻撃的にシフトしたい意向があっても不思議はない。

アーセナルは先ほどのインパクトを残せていないオレクサンドル・ジンチェンコや負傷癖の抜けない冨安健洋らに代わる左サイドバックとしてリストアップしているが、ユリエン・ティンバーが復帰となれば、緊急度は低い。

リバプールも左サイドバックの優先順位は高くないが、アルジェリア代表DFはステップアップをてにすることができるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました