ダルウィン・ヌニェスの周りでは何も動いていない…伊ジャーナリストが、ウルグアイ代表FWの去就に言及!

スポンサーリンク
Nothing moving around Darwin Nunez...Italian journalist on the future of the Uruguayan international 移籍

2022年7月にベンフィカからリバプールに活躍の場を移したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。ゴール前での脅威を期待された加入初年度は、決定機を外すシーンが多く、その決定力の低さを叩かれる日々を過ごした。

今シーズンはゴールやアシスト数も伸び、プレミアリーグやヨーロッパリーグなどを通じて、双方で二桁を記録している。終了間際の得点でチームを勝利に導く試合もあったが、ゴールキーパーとの1対1を決められない場面は減らず、獲得を望んだユルゲン・クロップ監督の退任もあり、退団報道が過熱していた。

しかし、大金を叩いて獲得した24歳ストライカーだけに、簡単に手放すわけもなく、来シーズンもアンフィールドでのプレーが濃厚。移籍事情に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏も移籍の可能性を否定し、何も取引や交渉は行われていないと語った。

「ダルウィンについては、いろいろな話があったが、正直なところ、具体的なことは何もないと聞いている。」

「昨年の夏以来、ダルウィンの周辺では何も動いていない。他のクラブとの会話もなければ、交渉もない。ダルウィンに興味がないのではなく、彼が非常に高価なストライカーだからだ。」

GIVEMESPORT

裏への抜け出しやスピードはプレミアリーグでもトップレベル。ただし、対峙するセンターバックとの駆け引きや足元の技術など拙いスキルも多い。チームやサポーターを盛り上げるパッションの持ち主だが、先発よりも途中出場の方が相手を困らせるかもしれない。

はたして、リバプールはウルグアイ代表でも8ゴールを決めるストライカーに、近く見切りをつけることになるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました