リバプールがフェイエノールトから “ダブル獲り”!?マッツ・ウィーファーとルシャレル・ヘールトロイダを狙う…

スポンサーリンク
Liverpool "double hunts" from Feyenoord, targeting Mats Wieffer and Lutsharel Geertruida 移籍

リバプールを見事に蘇らせたユルゲン・クロップ監督が今季限りでチームを去る。新体制に生まれ変わり、新たなフォーメーションや起用方法が導入されるかもしれない中、今夏の移籍マーケットに向けた補強プランも着々と進んでいる。

メディアでは無数のターゲットが浮上しては消えを繰り返しており、リバプールが本当に狙っている候補者はわからない状況が続く。それでも、ひっきりなしに新たな候補者が取り上げられており、アルネ・スロットの現在のクラブであるフェイエノールトから引き抜きを画策している。

海外メディア『Football Insider』によると、レッズはオランダ代表MFマッツ・ウィーファーとオランダ代表DFルシャレル・ヘールトロイダのダブル獲りに関心を示しており、次の移籍市場で動きを見せる可能性があるようだ。

ボルネ出身の24歳ミッドフィルダーは、2022年にエクセルシオールから加入。フェイエノールトではこれまで79試合9ゴール11アシストを記録しており、オランダ代表でも9試合に出場。今季もエールディヴィジやチャンピオンズリーグのほとんどの試合で、先発出場を果たしている。

ロッテルダムに生まれた23歳ディフェンダーは、2012年から同クラブの下部組織で成長を遂げ、2018年にはトップチームデビューを飾った。以来、196試合23ゴール11アシストを決めており、主に右サイドバックとして数多くの試合で結果を残してきた。

オランダ人監督が母国から選手をかき集めるのは問題ないが、すでにフィルジル・ファンダイクやコーディ・ガクポ、ライアン・フラーフェンベルフと3選手が所属しており、地元の選手以外で人数を多く揃えるのはメリットでもあり、デメリットにもなり得る。

はたして、リバプールは今夏、フェイエノールトから主力選手を引き抜くことになるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました