リバプールとの関係はまだ何もない…伊ジャーナリストが、トゥーン・コープマイネルスを巡る移籍騒動に言及!

スポンサーリンク
Still nothing to do with Liverpool...Italian journalist refers to the transfer saga surrounding Teun Koopmeiners 移籍

今シーズン、絶好調のバイエル・レバークーゼンを破り、ヨーロッパリーグの頂点にたどり着いたアタランタ。その中盤の様々なポジションでプレーし、存在感を発揮。今季49試合15ゴール7アシストと大活躍したオランダ代表MFトゥーン・コープマイネルス。

中盤において、高い位置でも低い位置でもプレーできる器用な選手で、イタリアのクラブでは100試合以上に出場してきた。オランダ代表でも21試合でピッチに立ってきた同選手に対して、リバプール移籍の噂が飛び交っている。

AZアルクマールのユース出身で、トップチームで活躍していた頃にはアルネ・スロットから指導を受けていた経歴があり、その関係値から噂がさらに加速中だ。ファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、ユベントスが獲得に本腰を入れている事実を伝えつつも、リバプールとの接触はないと報じた。

「リバプールとのつながりの噂が増えているが、ユベントスにとって、この夏の最優先ターゲットだと聞いている。ユーベはそのために動いている。」

「リバプールがどうするか見てみよう。しかし、私の情報では今のところ具体的なことは何もない。アルネ・スロットがクラブの新ディレクターと会えば、すぐにわかるだろう。」

Fabrizio Romano’s Daily Briefing
移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました