リバプールがダルウィン・ヌニェスに対するオファーに耳を傾ける可能性!?バルセロナが関心も…

スポンサーリンク
Liverpool may listen to offers for Darwin Nunez with Barcelona's interest 移籍

リバプールに加入して2年が経過し、ゴールとアシスト数ともに増加したウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェス。センターフォワードとしてのプレーも改善し続けてはいるが、ゴール前での落ち着きや決定力は大きく向上しているとは言い難い。

チャンスに対する決定率のコンバージョンレートはプレミアリーグの中でも低く、元ベンフィカFWが決めていれば、もっと簡単に勝てた試合も少なくはない。ニューカッスル戦など劇的ゴールを奪う一方で、シーズン終盤にはベンチが続く期間において、明らかに苛立ちが目立っていた。

同選手はSNSでリバプール関連の写真を削除するなど退団の噂が急浮上していた。海外メディア『Football Insider』によれば、レッズは今夏、獲得オファーにも耳を傾けるようで、3年目を前にチームを離れる可能性がある。

ユルゲン・クロップ監督のお気に入りとも言われる中、同監督がアンフィールドを去った。アルネ・スロット新監督は就任後に評価を下すと見られるが、新たなフォワードを探すリバプールだけに、さらにベンチに座る時間が増えるかもしれない。

ウルグアイ代表FWに対しては、バルセロナが関心を示している。しかし、リバプールが要求する移籍金を支払うことは困難で、主力組の売却なしに獲得に乗り出すことすらも容易ではない。

一方で、昨夏の移籍市場で接触を試みたと言われるチェルシーの動向にも注目が集まる。同様に決定率に悩むニコラス・ジャクソンがゴール前での怖さを見せられておらず、同じようなタイプではあるものの、再びリバプールの選手に興味を持つ可能性は否定できない。

はたして、24歳のストライカーは来季もリバプールでプレーするのか、もしくは別のクラブでパフォーマンスを見せることになるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました