リバプールはフランス代表DFイブラヒマ・コナテとの契約更新に楽観的!?PSGからの関心も…

スポンサーリンク
Liverpool are optimistic about renewing the contract of French defender Ibrahima Konate 移籍

FCソショーやRBライプツィヒを経て、2021年の夏にリバプール移籍を果たしたフランス代表DFイブラヒマ・コナテ。ジョエル・マティプらとレギュラー争いを繰り広げ、プレミアリーグでも屈指のセンターバックに成長した。

アルネ・スロット新監督のもとでは、最終ラインのリーダーとしての活躍も期待される中、リバプールは2026年6月までと残り2年となっている契約更新を狙っており、過去数ヶ月にわたって話し合いが実施されてきた。

フランス紙『L’Équipe』によれば、リバプールは25歳センターバックと新たな契約を締結できると自信をのぞかせており、プレミアリーグが終わったいまのタイミングで、選手とクラブ間での話し合いがふたたび行われるようだ。

アンフィールドでは90試合に出場しており、フランス代表としても14試合でピッチに立っており、イングランドのみならず、ヨーロッパの舞台でも実力を発揮しており、背後に広がるスペースをカバーできるだけの走力やディフェンス力で、トレント・アレクサンダー=アーノルドの穴を埋める。

リバプールが未来の構想に同選手を含めているのは明らかで、選手も不満を口にしたことはなく、新たな時代に突き進むチームにおいても重要な役割を担う。パリ・サンジェルマンが関心を示しているとも言われるが、母国復帰は考えにくい。

はたして、リバプールはフランス代表DFと契約更新を結ぶことに成功するだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました