フェイエノールトGKジュスティン・バイローが、リバプールやアーセナルからの関心について心情を語る!

スポンサーリンク
Feyenoord goalkeeper Justin Bijlow shares his feelings about interest from Liverpool and Arsenal 移籍

アイルランド代表GKクィービーン・ケレハーは、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーの牙城を崩すに至らず、2番手に甘んじている。今シーズンこそ、正守護神が負傷で離脱する期間が長く、出場機会を得たものの、来季はどうなるかわからない。

年齢が25歳となり、レギュラーの座が確保できないクラブにこれ以上留まる未来は考えにくく、この夏の移籍市場において、他のクラブに移籍する可能性が高まっている。この冬には、ノッティンガム・フォレストが獲得に向けてオファーを提示した。

その代役として、最近リバプールからの関心が報じられているのがフェイエノールトGKジュスティン・バイロー。アルネ・スロット新監督が今季まで指揮を執っていただけに、選手のキャラクターやプレースタイルは熟知している。

オランダ代表でも8試合に出場経験を持つ26歳ゴールキーパーは、リバプール以外にも、アーロン・ラムズデールの去就が不透明なアーセナルも興味を持っている。同選手は両クラブからの関心に心情を吐露し、野心的という言葉で自身の未来をはぐらかした。

「フェイエノールトに残るかどうかはわからない。それがサッカーだ。分からないものさ。」

「僕は野心家だ。いつもそう言ってきた。もしチャンスが巡ってきて、海外から良いクラブがやってきたら、僕はそれを受け入れるよ。いつもそう言ってきたからね。」

「フェイエノールトと契約している限り、それは決して罰ではないし、そこでプレーする限り、すべてを捧げるつもりだ。」

「この2つのクラブはとてもいいクラブだ。」

「もちろん、ビッグクラブの名前が挙がるのは嬉しいことだ。ただ、僕は野心的なんだ。フェイエノールトでプレーする限り、そのためにすべてを捧げるつもりだし、まずはオランダのチームに集中したいんだ。」

タイトルとURLをコピーしました