ルシャレル・ヘールトロイダ争奪戦は、リバプールやトッテナム、ニューカッスル、ウェストハムの四つ巴か!?

スポンサーリンク
The battle for Lutsharel Geertruida a four-way fight between Liverpool, Tottenham, Newcastle and West Ham 移籍

2016年からフェイエノールトで育ち、トップチームでは200試合に迫る出場数を誇るオランダ代表DFルシャレル・ヘールトロイダ。右サイドバックを中心に、センターバックや守備的ミッドフィルダーとしてもプレーでき、今夏の移籍市場にはステップアップする可能性が高まる。

オランダ紙『ADSportwereld』によれば、同選手は人気銘柄になる見込みで、リバプール以外にもトッテナム・ホットスパーやニューカッスル・ユナイテッド、ウェストハム・ユナイテッドの4クラブが動向に注目しているようだ。

リバプールは北アイルランド代表DFコナー・ブラッドリーが台頭し、ジョー・ゴメスが復調したことで、イングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを含め、右サイドバックの陣容は揃っている。

ただし、トレントには中盤にコンバートされる可能性もあり、ゴメスはセンターバックや左サイドバックでもプレーできるため、右側の専門家を確保する必要性が叫ばれており、今夏の移籍マーケットにおいて獲得に動き出すかもしれない。

さらに、アルネ・スロット新監督とは今シーズンまでともに同じチームで共闘しており、お互いにプレースタイルやキャラクターを理解している点も大きい。監督としても、自分の考えを理解している選手がいるのは心強いはずだ。

獲得することは決して楽なことではないが、リバプールはオランダ代表DFに今後も注目するのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました