ブライトンがリーズFWクリセンシオ・サマーヴィルに接触開始!?リバプールやチェルシーも狙う…

スポンサーリンク
Brighton begin contact for Crysencio Summerville with an interest from Liverpool and Chelsea 移籍

モハメド・サラーがキャリアの全盛期を超え、以前のようなパフォーマンスを披露できなくなっており、彼に代わるエース候補を探しているリバプール。加えて、ルイス・ディアスやダルウィン・ヌニェスにも移籍報道が出回っており、その去就には注目が集まる。

前線の強化を狙うリバプールは、ベルギー代表FWヨハン・バカヨコら様々なターゲットが浮上する中、リーズ・ユナイテッドに所属するオランダU-21代表FWクリセンシオ・サマーヴィルもリストの上位に名前が記載されている。

移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、リバプールやチェルシーが関心を示す若きウィンガーに対して、ブライトンが獲得に向けた話し合いを実施するためにも接触を図ったようだ。

「ブライトンがクリセンシオ・サマーヴィルとの契約について話し合いを始めるために接触してきたと把握している。」

「多くのクラブが熱心で決して簡単なものではないが、ブライトンはその可能性を探るために交渉を開始した。」

「リバプールとチェルシーがここ数ヶ月、彼をモニタリングしており、まだオープンな競争だ。」

リバプールにとっては右ウィンガーが最優先で、左ウィンガーをどこまで求めているかは疑問が残るところ。センターバック確保にも動いており、限られた予算をどのポジションに、どれだけの金額を投じるかが鍵になる。

移籍濃厚と見られるオランダ人ウィンガーは、どのようなキャリアを歩むのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました