リバプールやアーセナルらプレミアリーグの5クラブに対して、マタイス・デ・リフトの代理人が接触か!?

スポンサーリンク
Matthijs de Ligt's agent contacted five Premier League clubs, including Liverpool and Arsenal 移籍

アヤックスの下部組織で育ち、10代ながらもチャンピオンズリーグでも結果を残したオランダ代表DFマタイス・デ・リフトは、その後ユベントスに移籍。イタリアでは117試合に出場すると、2022年の夏にバイエルン・ミュンヘンに新天地を求めた。

加入1年目こそスタメンで多くの試合に出場したが、2年目の今シーズンは徐々に先発を外れるケースが増えた。ブンデスリーガではわずか16試合のスタメン出場に留まり、ヴァンサン・コンパニ新監督のもとで、その去就が注目されている。

海外メディア『TBR Football』によれば、同選手の代理人は次なる移籍先を求めて水面下で動いており、リバプールやアーセナル、チェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスル・ユナイテッドに対してアプローチしたようだ。

シュトゥットガルトから日本代表DF伊藤洋輝を獲得したバイエルンは、バイエル・レバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター獲得にも迫っており、センターバックの陣容が過剰気味になっている。

そのため、オランダ代表DFに加えて、韓国代表DFキム・ミンジェにも退団の噂が出ており、人員の整理が行われる見通しだ。

トーマス・トゥヘル体制には不満を抱いていたとされる24歳の若きディフェンダーは、イングランドでのプレーを希望しているようで、その意向に沿う形で代理人も行動に移っているのだろう。

はたして、ライデルドルプ出身センターバックは、この夏にドイツを離れることになるのか…?

タイトルとURLをコピーしました