バルシュ・ユルマズはリバプールでも快適にプレー可能!?元トルコ代表MFが、ポテンシャルを高く評価!

スポンサーリンク
Barış Alper Yılmaz can play comfortably for Liverpool...Former Turkey midfielder praises his potential 移籍

シーズン終盤までマンチェスター・シティやアーセナルとプレミアリーグの優勝争いを繰り広げたリバプールだが、最後の最後に力が尽き、トップ2との勝ち点差が開いてしまった。さらなる力を身につけるためにも、この夏の移籍市場において、攻撃陣と守備陣の強化を狙っている。

現実味のないターゲットも含めて、世界中の実力者をリストアップしており、スカウティングを進めている。さらに、何人かの選手の代理人にも接触しており、直近ではイングランド代表FWアントニー・ゴードン獲得に向けたニューカッスルとの交渉が報じられた。

結局は条件面で折り合いが付かず、ニューカッスルは別の選手を手放すことを決断。今後も新たなアタッカーの確保を狙うリバプールだが、元トルコ代表MFセルチュク・イナンは、同クラブを含め、世界の強豪クラブに対して、現トルコ代表FWバルシュ・ユルマズを推薦している。

 「バルシュ・ユルマズは、今やプレミアリーグの多くのチームで快適にプレーできると思う。彼はとても特別な選手だ。」

「我々はよく一緒に仕事をした。もしバルシュ・ユルマズが最後のボールに磨きをかければ、バルセロナ、レアル・マドリード、リバプール、アーセナルといった世界最高峰のクラブで楽にプレーできるだろう。」

「彼は多くの可能性を秘めた選手だ。願わくば、彼がそのチャンスを掴み、代表する選手となることを願っている。」

ガラタサライに所属する24歳のフォワードは、今季国内リーグやチャンピオンズリーグを通じて、合計で55試合に出場し、7ゴール12アシストを決めた。主に両ウイングでのプレーが多く、サイドからチャンスを作りつつも、ゴールに迫る。

EURO2024にも同国代表に選出されており、近年評価が高まっている24歳の優秀なウィンガーは今夏、ステップアップするのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました