アーセナルやリバプールが狙うレバークーゼンDFジェレミー・フリンポン、EURO2024終了後まで移籍の話は保留!

スポンサーリンク
Jeremy Frimpong, targeted by Arsenal and Liverpool, puts transfer talk on hold until after EURO 2024 移籍

ブンデスリーガで無敗優勝という快挙を成し遂げたバイエル・レバークーゼンにおいて、右ウィングバックとして47試合14ゴール12アシストと見事な数字を残したオランダ代表DFジェレミー・フリンポン。

EURO2024にも母国の代表として参加する23歳のディフェンダーは、俊敏性の高い動きから攻守両面で存在感を示し続ける。ドイツでの活躍が認められ、アーセナルやリバプールなどプレミアリーグ勢の関心を持たれている。

この夏の移籍市場における人気銘柄になり得る同選手だが、ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、EURO2024終了後までは何も進まないようだ。現時点での優先は同大会であり、オランダ代表の一員として結果を出すことに集中している。

「最終的に、ジェレミー・フリンポンはここ最近ではアーセナル、さらに直近だとリバプールとの噂もある。」

「それでも、フリンポンについてのアップデートはまだない。彼はEURO開催中に将来について何かを決めることはないだろうからね。」

「契約解除条項はあり、有効だが、フリンポンはEUROに集中したがっており、現在の状況は静かだ。」

Daily Briefing

リバプールやアーセナルに加入した場合には、右ウィンガーでの起用が見込まれるが、アルネ・スロット新監督がどこまで右利きのウィンガーを求めるかは未知数。左利きのウィンガーがモハメド・サラーしかいない現状だけに、優先度が高いのは周知の事実。

はたして、ブンデスリーガで台頭したタレントは、プレミアリーグに初めてのチャレンジに足を踏み入れるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました