FCジロンダン・ボルドーが公式声明:オーナー同士の話し合いと株式の過半数のFSGへの売却計画を明かす!

スポンサーリンク
FC Girondins de Bordeaux official statement : owners discuss and reveal plans to sell majority stake to FSG 未分類

マイケル・エドワーズをサッカー部門CEOに任命したフェンウェイ・スポーツ・グループ(FSG)は、リバプールの継続的な成長に加えて、新たなクラブの買収ならびに発展を通じて、サッカー部門の拡大を狙っている。

過去にもいくつか候補のクラブが浮上したが、ついにリバプールに次ぐ買収クラブが決まりそうだ。そのクラブ名は、フランスのFCジロンダン・ボルドー。最近は2部リーグに低迷し、長年に渡り負債を抱え込んだ結果、チャンピオン・ナショナル(3部リーグ)への降格が危ぶまれている。

フランスのメディアは、FSGとボルドーのオーナー陣との密談を報じ、財務状況を改善するための支援を行う可能性を示唆。すると、ボルドーは公式な声明を発表し、話し合いが継続していること、そして、FSGに対して株式の過半数を売却する準備があることをリリースした。

プレスリリース

FCジロンダン・ボルドーは、DNCG(フランスプロサッカーリーグ連盟の管理局)に対する異議申し立てを視野に入れ、フェンウェイ・スポーツ・グループと話し合いを続けている。

6月27日に行われた審問で、DNCGはFCジロンダン・ボルドーに対し、2024-2025年シーズンの資金調達に必要なすべての保証を提供するための手続き停止を言い渡した。当面の間、この訴訟の進行状況から、DNCGはFCジロンダン・ボルドーの3部リーグ(チャンピオン・ナショナル)への降格を命じた。

クラブはこの決定を不服として控訴しており、来シーズンの資金を保証する選択肢のひとつを確定するのに必要な時間ができた。

このために今朝、フェンウェイ・スポーツ・グループに株式の過半数を売却する計画が、その代表者立ち会いのもと、DNCGに提示され、現在進行中の交渉とデューデリジェンスの一環として、彼らと手を携えて作業を進めている。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました