18歳DFレニー・ヨロに対して、マンUが “5000万ユーロ” を提示!リバプールも同額程度を準備か…

スポンサーリンク
Manchester United offer "€50m" for Leny Yoro while Liverpool are prepared to offer around the same amount 移籍

アルネ・スロット新監督就任に伴い、センターバック陣の次なる時代を見据えるリバプール。32歳DFジョエル・マティプが契約満了でアンフィールドを離れ、ディフェンスリーダーのフィルジル・ファンダイクも33歳と年齢が高まっている。

イブラヒマ・コナテやジャレル・クアンサーらとともに、最終ラインの主役になり得る逸材を求めており、最近はLOSCリール所属のフランスU-23代表DFレニー・ヨロへの関心が強まっており、連日のように関連するニュースが流れている。

ベン・ジェイコブス(スポーツジャーナリスト)は同選手を巡り、各クラブの動きをアップデートし、マンチェスター・ユナイテッドがオファーを提示したと伝えた。さらに、リバプールもオファーを準備しているものの、あくまで希望はレアル・マドリード加入であると強調した。

「レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド、リバプール、PSGの全クラブがレニー・ヨロを欲しがっている。」

「ヨロはレアル・マドリードでプレーすることになりそうだが、交渉は進んでいる。」

「マンチェスター・ユナイテッドはすでに5000万ユーロのオファーが受け入れられている。リバプールも同程度の金額を支払う用意があるが、ヨロが心変わりを示した場合に限られる。彼らは以前からヨロの希望を把握していた。」

「ヨロはレアルを望んでいる。今夏の契約が成立しなければ、2025年まで待ってフリーエージェントとして加入する可能性さえある。」

プレミアリーグ勢は苦しい立ち位置にいるため、18歳のセンターバックを説得しなければならない。とはいえ、レアル・マドリードがリールも納得する移籍金を提示し、個人契約をオファーした場合には撤退を余儀なくされる。

新シーズンに向けて、フランス代表FWキリアン・ムバッペ獲得を決めており、同国代表で活躍するオーレリアン・チュアメニやエドゥアルド・カマビンガも在籍しており、彼らとともにスペインの首都でプレーすることになるのか、もしくはプレミアリーグで新たな挑戦をスタートさせるのだろうか…?

移籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
タイトルとURLをコピーしました