RBライプツィヒDFイブラヒマ・コナテが、リバプールへの移籍報道を否定!?

スポンサーリンク
Ibrahima Konate speaks out on Liverpool transfer links and RB Leipzig exit talk移籍

数週間前…リバプールがフランスU-21代表DFイブラヒマ・コナテとの契約に近づいているとの報道が世界を駆け巡った。今シーズンはセンターバックに負傷者が続出し、壊滅的な状況となっている守備陣だけに、リバプールサポーターにとって朗報中の朗報であった。また、怪我が多くなっている同選手の負傷状態についての詳しい調査が行われいるという続報も流れるほど。

あと一歩!?リバプールがRBライプツィヒDFイブラヒマ・コナテ獲得に向け、絶賛交渉中!!
今シーズンは主力センターバックが相次いで長期離脱。フィルジル・ファンダイクやジョー・ゴメス、ジョエル・マティプを欠いたチームは、ファビーニョやジョーダン・ヘンダーソンに加えて、若手CBナサニエル・フィリップスやリース・ウィリアムズでなんと...

フランスU-21代表の完全移籍に暗雲が立ち込めている。選手本人がリバプールへの移籍についての事実はないと明言しており、ユルゲン・クロップ監督率いるクラブからの問い合わせすらない状況とのことだ。そして、RBライプツィヒでの成長に集中していると述べている。

「サッカー界では数多くの噂が伝えられ、多くの人々がすぐに信じてしまう。僕やエージェントも、リバプールから連絡を受けていない。」

「RBライプツィヒで成し遂げたい大きな目標がある。ブンデスリーガで可能な限り上位でシーズンを終え、カップ戦でも決勝に進みたい。U-21欧州選手権でもフランス代表として制覇を目指している。」

「(バイエルン移籍が決定している)ダヨ・ウパメカノの後継者にはなりたくない。僕は僕だからね。僕たちは2017年同時にライプツィヒに加入し、ともに良いプレーを見せられている。」

「残念だけど、僕たちは違う道を歩むことになった。ウパメカノはバイエルンで新たな仕事を、僕はここで成長を続けるだけだ。」

「2023年まで契約を残しており、契約を全うしなければいけない。」

真実はクラブ同士にしかわからない。それでも、リバプールの獲得リストに名前があることは間違いなさそうで、何かしらアクションがあったからこそ、信憑性の高いメディアですらイブラヒマ・コナテの移籍を報じていた。

報道を鎮静化するためのパフォーマンスにも映るが、彼の言葉を信じるとすれば、進捗は全くないようだ。オザン・カバクの買取オプションを行使するにしても、新たにもう1枚センターバックを確保したいクラブにとって、これから交渉に取り組む公算も否定できない。もちろん、水面下で交渉が進んでいる可能性もあり得る。

フィルジル・ファンダイクとジョー・ゴメスが負傷から戻ってくる来シーズンにおいて、負傷癖が抜けないジョエル・マティプの処遇にも注目が集まる。センターバックの陣容が大きく変わるかもしれない。順調にコナテとカバクの追加でメンバーが固まるのか、それとも別のセンターバックが加入するのか…

タイトルとURLをコピーしました