オリンピック・リヨンFWメンフィス・デパイは複数クラブが獲得を狙っていることを認める!

スポンサーリンク
Depay claims that a number of clubs are interested in him移籍

PSVアイントホーフェンでの実績が認められ、マンチェスター・ユナイテッドに降り立った快足ウィンガーはプレミアリーグの洗礼とチグハグしたクラブ運営の影響により、キャリアは下降線を辿った。再起を図るため、フランスへと新天地を求めたのが、2017年1月。

オリンピック・リヨンへ加入したオランダ代表FWは、通算177試合76ゴール53アシストと驚異的な数字を残し、得点だけではなく攻撃も組み立てられるフォワードとしてチームに貢献し続けた。キャリアはふたたび軌道に乗り、ビッグクラブがこぞって関心を示すほどに盛り返した。

今シーズン限りでリヨンとの契約満了となる元マンチェスター・ユナイテッドFWには、オランダ代表で選手と指揮官の関係にあったロナルド・クーマン監督率いるバルセロナが強い関心を示す一方で、前線の強化を狙うリバプールも獲得に興味を持っていると言われている。

リバプールも獲得レースに参戦しているオランダ代表FWは、バルセロナで家探しの準備中!?
マンチェスター・ユナイテッドからオリンピック・リヨンへ移籍したのが2017年。以来、イングランドで評価が下がったキャリアの再構築に成功したオランダ代表FWメンフィス・デパイ。台頭した左ウイングでのプレー以外にも、センターフォワードとして開...

バルセロナで家探しをしていると報道が出ている通り、第一優先はスペインへの移籍だろう。ただ、新会長の方針がいまだ鮮明ではなく、リーグ優勝を逃しチャンピオンズリーグもベスト16止まりの指揮官を解任するのではないかとの噂が付きまとう。

オランダ人指揮官が退任となれば、マンチェスター・シティを退団したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが加入濃厚なクラブにとって、さらなるフォワードは不必要となり、そもそも獲得を見送ることになる確率が高い。

リバプールにとっては、今季36試合20ゴール10アシストを叩き出しているストライカーを迎え入れるのは最奥の補強になり得る。サディオ・マネが不調に陥り、近年はオフなく稼働を続けるフロントスリーだけに、バックアップ陣を整えたい。

ディオゴ・ジョッタが加入早々に大活躍。期待の若手FWハーヴェイ・エリオットが復帰しているが、プレミアリーグでどこまで活躍できるかは未知数だ。ディボク・オリギは満足いくパフォーマンスを披露できずに退団濃厚で、シェルダン・シャキリも同様の理由で放出されるだろう。日本代表・南野拓実も計算が立つとは言い難く、新たなフォワードを欲する気持ちも理解できる。

『L’Equipe』とのインタビューに応えたメンフィス・デパイは、自身の将来については明言しなかったものの、バルセロナからの興味があったこと、そして決断を下す前に今夏開催のユーロ2020に集中していることを強調している。

「バルセロナは関心を示してくれたけど、興味を持ってくれているクラブは彼らに限った話ではない。現時点ではどのクラブとも、なにも決まっていないよ。」

「まずはユーロに全神経を傾けたい。将来に関する決断だけに、熟考する時間を設けたい。」

「いまは自由とフットボールを楽しんでいるよ!」

シーズン終了とともに動き出しそうな印象もあるが、本人がユーロにフォーカスしたいと述べており、次のクラブについての正式発表も今夏以降になりそうだ。個人的にはリバプールに加入して欲しいのだが、エージェント・ファンダイク発動はあるのだろうか…?

タイトルとURLをコピーしました