所属するリールは、移籍が取り沙汰されるMFレナト・サンチェス売却を準備中!?

スポンサーリンク
Reported Liverpool target has been put up for sale移籍

この夏の間ずーっと話題に挙がっているのが、退団したオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムの後任探し。ユーリ・ティーレマンス(レスター)やイヴ・ビスマ(ブライトン)ら候補者は絶えないものの、一向に動きが見られない。

EURO2020にポルトガル代表として出場し、グループステージ第3節以降で活躍を見せたリールMFレナト・サンチェスの名前が急浮上。ダイナミズムを持ち、強靭なフィジカルを兼ね備え、攻守両面で力を発揮できるあたりは、元リバプールMFにもっとも近いプレースタイルと言える。

ポルトガル代表MFレナト・サンチェスがリヴァプール加入間近か...クラブ間+個人合意に向けて準備万端!?
昨年末から度々リバプールからの関心が報道されてきたポルトガル代表MFレナト・サンチェス。今夏はイヴ・ビスマ(ブライトン)やユーリ・ティーレマンス(レスター・シティ)らの陰に隠れていたが、EURO2020での活躍によりふたたび獲得リストの最...

個人合意が完了しているなど様々な憶測が流れる中、具体的な話題が出ておらず、交渉は進んでいないと言わざるを得ない。ここに来て、2023年に契約が切れるポルトガル代表ミッドフィルダーの動向に進展が見られた。

『Le10 Sport』によると、3000万ユーロ(約39億円)とも言われる同選手の売却に向けて、所属するリールが放出の準備を始めている。バイエルン・ミュンヘンでは出場機会に恵まれず、2019年にリールに移籍し、選手のキャリアに復活の兆しが見え始めている。

23歳となった同選手は、2シーズンを過ごしたフランスのクラブを退団するのか。ドイツ王者に在籍時代、ローン移籍したスウォンジー・シティではインパクトを残せなかったプレミアリーグへふたたびチャンレンジするシナリオも面白そうだ。

ただし、リバプールが中盤よりも前線の強化を優先していると言われる今日この頃。他のミッドフィルダーに関しての報道も明らかに少なくなってきており、動きが鈍ってきている。

イブラヒマ・コナテを獲得して以来、静かな移籍市場を過ごすリバプール。余剰人員の売却で得た資金を投入し、新たな戦力獲得なるか…?

タイトルとURLをコピーしました