ウェストハム・ユナイテッドがリヴァプールMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンを狙う!?

スポンサーリンク
West Ham United could swoop for Alex Oxlade-Chamberlainチーム

アーセナルからリヴァプールに移ったのが、2017年の夏。加入初年度こそ、マンチェスター・シティ相手に見事なミドルシュートを決めるなど希望していた中盤での起用に応え、フロントスリーを司る攻撃的ミッドフィルダーとして輝いていた。

しかし、前十字靭帯断裂の大怪我により、翌シーズンのほとんどを棒に振る。その後も何度か負傷離脱を繰り返しており、加入直後のインパクトを残せていない。パフォーマンスレベルも全盛期まで戻っておらず、チアゴ・アルカンタラらの加入によって序列がどんどんと落ちている。

ウインガーと中盤でプレー可能なイングランド代表は、ナビ・ケイタらとともに今夏の放出候補に挙げられるほど。プレシーズンではロベルト・フィルミーノの役割を試されているが、結果は出ていないと言わざるを得ない。

リヴァプールでは104試合14ゴール11アシストを記録しながらも燻っている同選手に対して、同じくプレミアリーグに在籍するウェストハム・ユナイテッドが触手を伸ばしていると、『The Express』が報じている。

昨季マンチェスター・ユナイテッドからローン加入していたジェシー・リンガードが大爆発し、今夏での獲得を希望していたウェストハム。しかし、レンタルでの活躍により、スールシャール監督の構想入りを果たした模様で、移籍交渉は進んでいない。

そんな中で、リヴァプールも獲得を狙うと言われているウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFWマテウス・ペレイラに熱視線を注いでおり、獲得を急いでいる。所属するWBAはプレミアリーグから降格しており、選手本人も移籍を望んでいるようだ。

リバプールやアーセナル含む4クラブの争奪戦が勃発!?WBA所属FWマテウス・ペレイラはプレミア復帰なるか?
昨季のプレミアリーグにおいて、残留請負人サム・アラダイス監督を招集したウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン。交代直後こそ可能性を感じさせたが、最終的には19位に沈み、来シーズンからはチャンピオンシップへの降格が決定した。同チームで...

昨シーズンにプレミアリーグで大ブレークしたブラジル人ウインガーを逃した場合の候補として、ウェストハムの獲得リストにオックスレイド=チェンバレンの名前が記載されている。完全移籍ではなく、ローンでの移籍が現実的だとも報じられている。

選手にとって、試合出場を確保できる移籍は好ましい。27歳とキャリアの絶頂期を迎えているだけに、ベンチを温め続ける年齢ではない。ただし、給与額が問題になる可能性が高く、ロンドン拠点のクラブがうまく交渉できるかが課題となるだろう。

いずれにせよ、マテウス・ペレイラの去就に注目が集まる。いまのクラブに留まるか、新天地へと旅立つか…再起を図るムードメーカーは、怪我の影響から完全復活し、2017/18シーズンのような活躍を見せることができるか…?

タイトルとURLをコピーしました