バルセロナが招へい熱望のユルゲン・クロップ監督は、会長選挙時期にはもう就任拒否していた

スポンサーリンク
Barcelona's bid to bring in Jurgen Klopp was already rejected by the time of the presidential election未分類

ロナルド・クーマン監督の去就が騒がれている。財務状況が傾き、サラリーキャップの影響もあり、チームの大黒柱リオネル・メッシを放出したバルセロナだが、オランダ代表FWメンフィス・デパイら主力級選手をフリーで獲得。アンス・ファティら若手も台頭しており、将来は前途洋洋。

しかし、調子がいまいち上がらない。7試合を終えた時点でまさかの9位に沈む名門クラブは、サポーターからの期待に応えられていない。これまでここぞゴールを奪ってくれたアルゼンチン代表FWがいなくなり、前線の力強さは感じられない。

昨シーズンも終盤戦に失速したチームを率いる元オランダ代表監督には解任の可能性がさらに高まっている。次期監督には様々な監督が候補に挙がっており、2015年からリバプールを蘇らせたユルゲン・クロップ監督もその一人である。

ユルゲン・クロップ監督含む3名がバルセロナ次期監督としてリストアップか?
サラリーキャップの問題により、揺れに揺れた今夏のバルセロナ。長年チームの顔として引っ張ってきたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが涙ながらに退団を発表。高給を受け取るアントワーヌ・グリーズマンがアトレティコ・マドリードへ移籍。た...

新会長に選任されたジョアン・ラポルタ会長が強く就任を望んでいると伝えられており、ドイツ人指揮官のバルセロナ就任の噂が付き纏っている。しかし、この報道が実現することはなさそうだ。『Sport』によれば、会長選が始まる前にはクロップ監督はすでに断りを入れているようだ。

会長戦にも立候補していた実業家ジョルディ・ファーレは、クロップ監督の代理人に対してクーマン監督の後任として、バルセロナ監督就任に興味があるかどうかを問い合わせしていた事実を明かしている。

しかし、回答は”NO”。2024年まで契約を残しており、契約満了まで全うする姿勢を貫いている。また、代理人はリバプールの監督退任後には休息を取ると伝えており、スペインでチームを率いる気はなさそうだ。

リバプールの命運を180度転換させた指揮官は、新たな転換期を迎えるクラブをふたたびヨーロッパの頂点に戻すためにも若手育成や獲得に力を入れている。スティーブン・ジェラード次期監督への引継ぎの準備を着々と進めている。

一方で、苦戦を強いられているクーマン監督はこのまま留まるのか、別の監督にチームの指揮を任せる決断を下すのか、世界から注目を集めている…

タイトルとURLをコピーしました