新オーナー就任のニューカッスル・ユナイテッドが、かねてからリバプールが狙うワトフォードFWイスマイラ・サールに関心か

スポンサーリンク
New owners Newcastle United interested in Liverpool's long-time Watford target Ismaïla Sarr移籍

長きにわたり、リバプールが獲得に熱心と言われるワトフォードFWイスマイラ・サール。プレミアリーグから降格した一昨シーズン前には、獲得直前まで話が進み、最終局面において支払い方法で合意できず。その後、同クラブはウルブスからFWディオゴ・ジョッタのチームに迎えた。

ポルトガル代表FWの活躍に加えて、フロントスリーの復調もあり、新たなストライカーが必要ではないようにも映るが、世代交代は避けられない。カリム・アデイェミ(レッドブル・ザルツブルク)が急浮上している一方で、ワトフォードFWも依然として候補の一人だろう。

昨シーズンはチャンピオンシップで39試合13ゴール10アシストと見事な成績を残すと、今季もすでに4ゴールを奪っており、エースの名に恥じない活躍を見せている。将来的にプレミアリーグを代表する選手になる可能性を秘めた23歳のセネガル代表FWを狙うのはリバプールだけではないと、『Daily Mail』が報じている。

そのクラブの名前は、ニューカッスル・ユナイテッド。オーナーが入れ替わり、マンチェスター・シティやパリ・サンジェルマンを凌ぐ資金力を有するクラブへと生まれ変わり、来年1月に開く移籍市場では注目の的だ。

名だたるスター選手が獲得候補に挙がる中、イスマイラ・サール争奪戦にも加わったようだ。プレミアリーグ含めイングランドでの実績十分な快足ドリブラーは単独突破も可能で、ゴールを奪い切れる得点感覚はどのクラブとっても魅力的なターゲットと言える。

ニューカッスルには、独特なステップでドリブルを仕掛けるアラン・サン=マクシマンがおり、センターフォワードにはカラム・ウィルソンが印象的なパフォーマンスを披露。この2人に、セネガル代表FWが加入すると強力なスリートップが完成する。

他方、リバプールは同選手をサディオ・マネの後継者に据えたい。ともにセネガル代表で戦っており、マネが在籍している間に補強できれば、様々な面でサポート体制を築ける。両ウイングやセンターフォワードでプレーできるだけに、戦術においても柔軟性も与えられる。

ただし、リバプールにとって問題になるのが移籍金。2024年まで契約を残す同選手を安く手放す気は毛頭ないワトフォード。現時点でも主軸を担っており、将来のチーム作りの中核となる選手であり、法外な移籍金が要求されそうだ。

同クラブがセネガル代表FWに関心を示すという報道が少なくなっており、以前ほどの強い関心を抱いていない可能性もある。それでも、そのポテンシャルは本物であり、金満クラブとの争奪戦を制し、いつの日かアンフィールドを歓喜させるシーンに出会えるかもしれない…

チアゴ・アルカンタラの次なるターゲットは、スピード溢れるセネガル代表FWイスマイラ・サール
スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラの移籍に関わるリバプールとバイエルン・ミュンヘンとのクラブ間合意のニュースが世界を駆け巡っている。世界屈指の創造性に溢れる選手の獲得を決めたかと思った矢先、スカウトチームの動きは別の選手に向かっている。...
リバプールは、今冬の移籍市場でワトフォードFWイスマイラ・サールの獲得に失敗していた!?
昨年の夏にリバプール移籍に最も近づいた選手...それがチャンピオンシップのワトフォードで活躍するセネガル代表FWイスマイラ・サール。ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズからポルトガル代表FWディオゴ・ジョッタを獲得する直前まで最優先候補とし...
リバプールはイスマイラ・サールやジャロッド・ボーウェンら新たなフォワード獲得を断念!?
モハメド・サラーやサディオ・マネらが今冬開催のアフリカネイションズカップ2021に参加する影響もあり、リバプールは兼ねてから前線に新戦力を迎えるために移籍市場で動き回っていた。30歳前後となったフロントスリーの世代交代も念頭に、彼らを脅か...
タイトルとURLをコピーしました