リバプールの若きFWオークリー・キャノニアが、ボールボーイとして貢献した大逆転のCLバルセロナ戦を振り返る

スポンサーリンク
Liverpool's youngster Oakley Cannonier reflects on his big comeback against CL Barcelona, where he contributed as a ball boyスター候補生

幼い頃からリバプール・アカデミーに在籍し、年々成長を遂げているオークリー・キャノニア。昨シーズンには初めてのプロ契約を結び、現在はU-18チームで主軸を担っている。今季はすべての大会を含めて、23ゴールを奪うフォワードには明るい未来が待ち受けている。

ただし、同選手と言えば、まだまだボールボーイの印象が強い。トッテナム・ホットスパーとのチャンピオンズリーグ決勝戦を制し、6度目となる頂点に輝いたリバプール。同大会の準決勝ではリオネル・メッシ率いるバルセロナと対決。

1stレグではアウェイの地で3点リードを奪われた状態で、アンフィールドで2ndレグに挑んだリバプール。大歓声を受けたホームの地で、ジョルジニオ・ワイナルドゥムなどのゴールで同点に追いつく。そして、コーナーキックの流れから意表を突いた決勝点はいまでも語り草だ。

ボールボーイが素早くトレント・アレクサンダー=アーノルドにボールを渡すと、バルセロナ守備陣が陣形を整える前にゴール前にボールを放り込むと、ベルギー代表FWディボク・オリギのみが反応。貴重かつ印象的なゴールシーンが生まれ、決勝へのチケットを手に入れた。

アシストのアレクサンダー=アーノルドやゴールを決めたオリギらとともに、この試合で絶賛されたのは、ボールボーイを務めていたオークリー・キャノニア。当時14歳の同選手は、そそくさとボールを拾い、右サイドバックにボールを戻した姿勢が評価された。

クラブ公式サイトとのインタビューに応じた若きリバプールFWは当時のことを振り返り、試合前から試合のテンポを損なわないためにボールを素早く戻すことを意識していたことを説明しつつも、翌日に学校に行った際の秘話も明かしている。

「誇らしい気分で、ほんとに大きな瞬間だった。」

「でも、僕はサッカー選手になりたいのであって、ボールボーイになりたいわけではない。」

「(当時は)雰囲気とかを考えて、あの場所を選んで座っていた。」

「実は同じようなことが以前にもあって、ドルトムント相手にロブレンがヘディングシュートを決めた試合では、ロブレンが滑り込んだあのコーナーにいた。ボールボーイに関しては、正直に言えば、運が良かっただけだよ。」

「アシスタントコーチからは、3-0で負けており、試合の強度を維持するためにも、すばやくボールを返さないといけないと言われていた。すべてにおいて迅速でなければならず、ボールをピッチに戻さなければならなかった。」

「翌日、学校に行ったら、リバプールファンがみんな僕のところに来て、”キミのおかげで試合に勝てた!” って言ってくれたんだ。あまりに多くの人が寄ってきて、別の部屋に移動してしまった。」

「今でもちょっと不思議な感覚だ。SNSで僕のことをリバプール・レジェンドと呼んでくれる人たちがいる。でも、(トレント・)アレクサンダー=アーノルドがリバプールのトップチームでやってきたこと、そして勝ち取ってきたことを見れば、僕も後を追いたい。ボールボーイのレジェンドみたいにはなりたくないんだ。」

「数週間前にトップチームと練習したとき、クロップ監督が僕のところに来て、当時のことに対して “キミに感謝しなければならない” って言われたんだ。」

『奇跡のボールボーイ』オークリー・キャノニアが急成長中...マイケル・オーウェン以来のアカデミー生まれゴールスコアラーになれるか?
2018/19シーズン、チャンピオンズリーグを制覇したリヴァプール。ベルギー代表FWディボク・オリギがシンデレラボーイとして持て囃される中、バルセロナを大逆転の末に下した準決勝の試合で注目された人物を覚えているだろうか?コーナーキ...
タイトルとURLをコピーしました