数々のメガクラブが参戦予定…ジュード・ベリンガム争奪戦は、リバプールが優勢!?

スポンサーリンク
A number of mega clubs are expected to enter ... Jude Bellingham battle is dominated by Liverpool!移籍

中盤の世代交代が必須のリバプールが、ボルシア・ドルトムント所属のイングランド代表MFジュード・ベリンガムに関心を抱くのは必然。来夏のトップターゲットとして獲得に動くことは間違いなく、大金を投じる準備を進めている。

この夏には新たなミッドフィルダー探しに躍起になったリバプールだが、期限ギリギリでのパニックバイを避け、さらには評価額を上回る移籍金を避けるためにも、ユベントスで構想外となっていた元バルセロナMFアルトゥールをレンタルで獲得するに終わった。

枚数を確保し、買取オプションが付いているが行使するかは未知数。過去数シーズンにわたり、レギュラーとしてプレーできておらず、現時点ではコンディションを戻す段階で、どこまで活躍できるかは分からない。

この夏は売却不可となっていたイングランド代表MFジュード・ベリンガム争奪戦が来夏に本格化する。レアル・マドリードやプレミアリーグのビッグクラブも関心を寄せる中、英『The Telegraph』によれば、リバプールが獲得レースをリードしているようだ。

「リバプールは来夏、ボルシア・ドルトムントのティーンエイジMFを巡り、ヨーロッパのビッグクラブが参戦する可能性のある争奪戦で、ジュード・ベリンガム獲得をリードしていると予想されている。」

The Telegraph – Mike McGrath

あくまで現時点での話であり、どうなるか誰にも分からない。もしもリバプールがチャンピオンズリーグ出場を逃した場合にもアンフィールドを新天地として選ぶのか…不透明な部分が多いため、まだまだなんとも言えない。

それでも、触手を伸ばしていることは確かで、少しずつだが移籍に向けて進んでいるはず。手放しには喜べないが、今季マンチェスター・シティに移籍した元ドルトムントFWアーリング・ハーランドとも並ぶほどのポテンシャルに満ちたミッドフィルダーがアンフィールドでプレーするシーンを想像するのは自由。

ジョーダン・ヘンダーソンやジェームズ・ミルナーら限界が近づいてきているベテランMFらと入れ替わり、リバプールの中盤を新たなレベルに導いてくれるはず。

ハーヴェイ・エリオットやファビオ・カルヴァーリョ、イブラヒマ・コナテらとともに、次世代リバプールの一員になってくれることを期待してやまない…

タイトルとURLをコピーしました